ホームページを固定ページにしたら新着記事一覧を表示できなくなった
会社困る人

Wordpressでホームページを固定ページにしたらもともと表示されていた新着記事一覧を表示できなくなった

という悩みにお答えします。

 

WordPressではホームページとして『最新の投稿』と『固定ページ』を選べます。『最新の投稿』では新着記事一覧が、『固定ページ』では任意のページが表示されます。

 

デザインや使い勝手のような数値化されない非機能要件に興味がない理系ブロガーの私ですが、少しだけホームページをいじってみようと思い立ちました。

 

ホームページを固定ページに変えるのは出来たのですが、1つ問題が。。もともと表示されていた新着記事一覧を表示できなくなってしまったのです。

 

『わざわざ新着記事一覧を表示するプラグインを利用して固定ページを作り、そのページへのリンクをトップページに貼りつけたりしなきゃいけないの?』と思ったりしました。

 

というか、実際に作りました。

 

でもそんなわけないよね?天下のWordpressがそこまで使いづらい訳がありません。新着記事一覧はもともと表示されていたわけですから、どうにか表示できるはず。

 

調べてみたら簡単にできました。が、『苦肉の仕様』という感じで意外と分かりにくいです。私がハマったので同じようにハマる人もいると思い記事にします。

 

本記事では、

WordPressでホームページを固定ページにしつつ、もともと表示されていた新着記事一覧も表示する方法

をお伝えします。

 

新着記事一覧専用の空の固定ページを作る

まずは新着記事一覧専用の空の固定ページを作ります。

 

 

上記の例では、タイトルは『新着記事一覧』、パーマリンクは『newarticles』としています。

 

作成できたら公開します。

 

ホームページの表示設定で新着記事一覧専用の空の固定ページを選択する

次に『ホームページの表示→固定ページ→投稿ページ』で先ほど作成した空の固定ページを選択します。

 

 

上記の例では、投稿ページで『新着記事一覧』を選択しています。

 

この設定をするだけで、この固定ページではこれまでトップページで表示されていた新着記事一覧が表示されるようになります。

 

『新着記事一覧』のパーマリンクにアクセスしてみてください。『新着記事一覧』ページが表示されます。

 

 

 

『空ページを投稿ぺージとして設定すると新着記事一覧になる』という仕様が私には分かりづらかったです。『苦肉の仕様』という感じです。

 

新着記事一覧専用の空の固定ページへのリンクを作る

あとはこの『新着記事一覧専用の空の固定ページ』のリンクをメニューや各ページに貼りつけるだけです。

 

(1) メニューへ追加

 

メニューへの追加は通常の手順で可能です。

 

 

(2) ホームページ中にリンクを追加

 

私はホームページで設定している固定ページ中のボタンに『新着記事一覧専用の空の固定ページ』へのリンクを貼りつけています。

 

 

転職を考えているあなたへ

今すぐ転職する気がなくても転職サイトに登録しておいた方が良いです。

 

なぜなら、いざ『転職しよう』と思った時には精神的ストレスはかなり高くなっており、その時には転職サイトに登録する気力すら無くなってしまうからです。

 

まだ余裕のあるうちから常に求人情報を仕入れて気になる求人情報をストックしておけば『転職という選択肢』を作る事ができます。そうすれば、過労で倒れたり精神疾患を患う前に『転職という選択肢』を実行できます。

 

転職サイトは登録無料です。あなたの条件にあった新規求人や転職可能なおすすめ求人がメールで届くので、今は転職できなくても登録しておくのが良いです。

 

優良な求人情報が集まる転職サイトのオススメは以下の2つです。

 

ビズリーチ

ハイクラスに特化した会員制転職サイトです。会員数94万人超・企業数6700社超で国内最大級です。会員制なのであまり見かけない非公開求人やポジションも多数あります。あなたが職務経歴書を登録するとヘッドハンターと国内外の優良・成長企業が直接スカウトします。

GeekOut

転職のプロからのオファーなど『いいところがあったら転職したい』エンジニアのための転職サービスです。登録するだけで自分の興味がある求人情報をフィードで手軽に見ることができるので、転職意志がなくても、まずは情報収集をしたいという方にオススメです。


ビズリーチ と GeekOut は強みが異なるので、2つ登録しておく事でシナジー効果が得られます。

 

 

▼オススメ無料教材▼

👉 詳細はこちら!!