【40歳気弱サラリーマンの時短トレーニング】限界まで負荷をかけてさっさと帰る
悩むボーイ

40歳になり太ってきた。時間は取れない。ジムで時短トレーニングする方法を知りたい。

という悩みにお答えします。

 

40歳は若くないです。20歳の頃と同じものを食べると太ります。私も最近体がブクブクに太ってきたので、ジムでのトレーニングを開始しました。

 

私は20代の頃にトレーニングにはまっていた事があり、その経験を生かして時短トレーニングをしています。限界まで負荷を掛ける事でジムで時短トレーニングする方法です。

 

私と同じ悩みを抱える40歳気弱サラリーマンのあなたに役立つ情報です。

 

本記事では、

限界まで負荷を掛ける事でジムで時短トレーニングする方法

をお伝えします。

 

スポンサーリンク

時短トレーニングにハマった


私は20代の頃にジムでの時短トレーニングにハマりました。週3回×4年間を真面目にジム通いしていました。

 

あの頃は我ながら頑張っていました。ベンチプレスでは80キロを上げました。体脂肪率は11%でした。プロテインを毎日飲んでましたし、食事制限もしていました。

 

自分ではちょっと前のつもりでしたが、計算してみたらもう10年以上も前の事でした。

 

この10年間は、ゴルフにハマったり、結婚したり、仕事が忙しくなったり、子供が出来たりしてジムでのトレーニングがおろそかになっています。

 

でもその頃に仕入れたマインドは普遍的です。私は社会人で時間がなかったので、限界まで負荷を掛ける事による時短トレーニング を意識していました。

 

その方法を説明します。

 

 

40歳の時短トレーニング(1):パーソナルトレーナーをつける

パーソナルトレーナーを付ける事で時短トレーニングができます。お金は掛かりますが、時間効率が最高です。

 

私がお願いしていたのは30分コースでしたが、『これでもか』というほど追い込んでくれます。

 

パーソナルトレーナーと一緒にやる時短トレーニングはめちゃめちゃしんどいです。いつも全身の筋肉が悲鳴を上げてました。

 

めちゃめちゃしんどくて痛いけど表情には出さずに歯を食いしばって頑張っていました。いつも負けず嫌い根性とM根性で乗り切っていました。

 

 

私が考えるパーソナルトレーナーを付けるメリットは3つです。

 

(1) 多くのトレーニング方法を知っている

 

一つの部位(例えば背中)のトレーニングでも、マシンを使った方法、ダンベルを使った方法、ゴムチューブを使った方法、などを教えてくれます。

 

(2) 高い負荷を掛けてくれる

 

一人でトレーニングするよりも負荷を掛ける事が出来ます。

 

例えば一人でベンチプレスをやる場合、最後は自分で上げて定位置に戻す必要があります。最後に一回上げる分の余力が必要なので『もう上げれない』と思ったらチャレンジできません。

 

でもパーソナルトレーナーがいれば最後に自分で上げられなくても問題ありません。限界までチャレンジできます。トレーニングをやめたくても限界までチャレンジさせられます、笑。

 

(3) 休むとせかしてくれる

パーソナルトレーナーはお金をもらっていますから、時短トレーニングが出来るように努力してくれます。

 

私が休もうとすると別の部位をトレーニングするようにせかしてくれます。例えば胸のトレーニングをしたら次は背中、のように。一人ではここまでの時短トレーニングは出来ません。

 

お金に余裕がある場合は『ジムで時短トレーニングする方法』としてはパーソナルトレーナーをつけるのが最高の選択肢です。

 

私は20代の頃は独身貴族で、自己投資意欲満々だったので迷わずパーソナルトレーナーに申し込みました。

 

 

40歳の時短トレーニング(2):限界まで負荷を掛ける

時短トレーニングのためには一度のトレーニングで限界まで負荷をかけて最大の効果を上げる必要があります。

 

限界まで負荷を掛ける方法

  • まずは適正な重さで「これ以上無理」という所まで追い込む。
  • 全く休まずに5キロ軽くして「これ以上無理」という所まで追い込む。
  • これを重さが5キロになるまで繰り返す。

 

使うマシンは何でも良いです。例えばモモの裏側のハムストリングという筋肉を鍛えるレッグカールというマシンを考えます。

  • 最初は40キロで15回実施して「これ以上無理」となったとします。
  • 全く休まずに35キロで実施します。15回実施して「これ以上無理」となったとします。
  • 全く休まずに30キロで実施します。(以後繰り返し)

 

最後は5キロの重さでも上げられなくなるまでやります。周りから見てると「重りは5キロなのにあの人苦しそう」という感じで滑稽に見えます、笑。

 

 

40歳の時短トレーニング(3):仲間を作って継続する

時短トレーニングを継続するって辛いんです。そんな時はジムで友達を作ってしまうのが良いです。

 

時短トレーニングは辛いけど友達に会えるのが楽しみ、となって継続するモチベーションになります。

 

私の経験上、マシンではなくダンベルやベンチプレスをするエリアで友達が作りやすいです。そのエリアで時短トレーニングをしているとだんだん顔見知りが増えていきます。

 

顔は知ってるけど話したことがない、という人と、仕事が休みの平日の昼間にジムで会ったりするといつの間にか会話をするようになったりします。

 

友人といっても年齢が離れた人もいます。10個上とか。実は大企業の偉い人だったりしたのですが、友達感覚で付き合えます。相手も対等な関係を求めていますから問題ありません。

 

一応敬語は使いますよ、笑

 

 

【40歳気弱サラリーマンの時短トレーニング】限界まで負荷をかけてさっさと帰る まとめ

  • パーソナルトレーナーをつける
  • 一人でも限界まで負荷を掛ける工夫をする
  • 仲間を作る事で継続する

 

これが40歳気弱サラリーマンの時短トレーニングです。限界まで負荷をかけてさっさと帰るのが良いです。私もブクブクな体を元に戻すべく、時短トレーニングを続けます。

 

自宅用のお薦めのトレーニング器具です。場所取らない、安い、効果ある、の3拍子揃っています。

 

腹筋ローラー マット付き ボディビル soomloom正規品

 

 

あなたの参考になれば幸いです。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました^^

 

 

 

 

▼オススメ無料教材▼

👉 詳細はこちら!!