【情報収集力or行動力?】防火防災管理講習から学ぶ普遍法則【仕事と政治に応用可】
悩むボーイ

情報収集力と行動力どっちが大事?

という疑問にお答えします。

 

結論、どちらも大事なのですが『行動力』の方がより大事です。

 

先日、防火防災管理講習を受けました。火事の時の絶対法則を学んだ一方で、この法則は仕事と政治にも応用できる普遍法則である事に気づきました。

 

あなたはスーパーマーケットのフードコートで食事中に火事の放送を聞いたらどうしますか?周りの人が動かない限りあなたも動かないのではないでしょうか。それ、危険ですよ。

 

本記事では、

防火防災管理講習から学べる仕事と政治に応用できる普遍法則【情報収集力or行動力?】

をお伝えします。

 

スポンサーリンク

防火防災管理講習を受けました

私はマンションの管理組合の理事になりました。

 

『仕事や子供の行事があるので管理組合の活動は欠席がちになっても良い』と言われたので仕方なく引き受けました。同じマンションに住んでいる他の方と知り合いになれるチャンスでもありますし、まぁいいかなと。

 

初回の打ち合わせは子供の運動会で欠席しました。その結果私は防火担当理事という役職になりました。

 

防火担当理事の仕事は『年1回の防災訓練の指揮をする事』でした。防災訓練当日は特に問題ないのですが、その準備として『防火防災管理講習を受けて修了証をもらう事』が面倒でした。

 

マンション全体で防火管理計画を消防署に提出する際に、防火管理責任者として私の名前を書く為に防火防災管理講習の修了証が必要なのです。

 

講習が平日に行われるため会社を休まなければいけませんでした。

 

講習は2日間開催されます。しかも月-火や木-金で開催される事が多いです。これだと2日間会社を休む必要があるので、厳しいです。1回だけ金-土の回があったので何とか予約して参加しました。

 

『定年を過ぎたおじいちゃんこそふさわしいのに』と思いつつ、『子供の運動会で欠席したから押し付けられたかな』という被害者意識も少しだけ持ちつつ、やる気なく講習に参加してきました。

 

 

防火防災管理講習での学び

防火防災管理講習のテキストで

 

  • 新宿歌舞伎町の火事は印象に残ってるなぁ、とか
  • 防火壁付近にものを置いてはいけないんだなぁ、とか
  • 横浜市って特別な条例があるんだぁ、とか

 

家のカーテンはこのタイプのものを利用しましょう

 

⇒ 防炎加工ミラーレース防炎カーテンの詳細を確認する

 

とかを聞きました。あんまりやる気なく受けてきたもので詳細は語れません。

 

修了証はなくなってしまいました。写真を撮って本記事のアイキャッチ画像にしようとしたけど残念。まぁそれはいいです。

 

でも防火防災管理講習で印象に残っている事が1つあります。『火事の放送を聞いたら避難すべし』です。

 

講義の映像で見た事例です。

どこかのスーパーマーケットで火事がありました。5階(だったかな?)のフードコートで食事をしていたお客さんが数人亡くなりました。

 

そのスーパーマーケットは火事が発生した直後に館内に放送をしました。でもフードコートにいるお客さんたちはすぐには逃げなかったのです。それが致命的で最悪の結果を招いてしまいました。

 

後の分析によると、火事の放送をしてからは十分に逃げる時間があったそうです。火事の放送があったけど周りの人が避難していないから逃げなくていいかな、と考えたのだと分析されていました。

 

これを聞いて私は『正しい情報を聞いているのに行動しない』事に恐怖を感じました。私もきっと意識しないと逃げません。

 

私は、火事の放送を聞いたら避難する事に決めました。

 

と同時に これって政治や仕事とも共通するな って思ったんです。

 

 

火事の対応・仕事・政治で共通する普遍法則

火事の対応でも仕事でも政治でも『情報収集力と行動力』が大事です。どちらかというと『行動力』がとても大事です。

 

(1) 火事の対応

火事の怖さを知る事が大切です。火事の放送があったら避難する行動力はとても大切です。

 

火事は最初は「ぼやかな?」という程度で静かです。でも突然大火事になります。まずはその情報を知る必要があります。

 

そしていざ火事の放送があったら避難しましょう。フードコートで食事をしていても、周りのお客さんが避難していなくても火事の放送を聞いたら私は避難します。

 

(2) 仕事

仕事では良質な情報を入手する事が大切です。良質な情報を入手したら行動する事がとても大切です。

 

例えばブログアフィリエイトを考えます。有益な教材を調べて入手して読むことは大切です。でも教材を信じて行動し続ける事がとても大切です。

 

情報を入手してばかりで行動しないのは意味がありません。

 

(3) 政治

政治では理想を語る事が大切です。理想を語るだけでなく具体的な政策を進める事がとても大切です。

 

例えば憲法改正を考えます。憲法9条を自衛隊を軍隊と定義する事が正しいです。理想的です。でもその改正を具体的な政策として進めるための行動をし続ける事はとても大切です。

 

議論だけして何もアウトプットが出ないのは意味がありません。

 

 

『情報収集力は大事だが情報を得た後の行動力はとても大事』が普遍法則です。

 

これが私が防火防災管理講習を受けた成果です。

 

 

【情報収集力or行動力?】防火防災管理講習から学ぶ普遍法則【仕事と政治に応用可】 まとめ

  • 火事の放送を聞いたら周りが動いていなくてもすぐに避難しましょう
  • 『情報収集力は大事で、情報を得た後の行動力はとても大事』というのは仕事と政治に応用可能な普遍法則です

 

 

普遍的な法則や戦略に関する記事を紹介しますので読んでみてください。

 

【気弱リーマンの交渉術】最悪値想定だけでは不十分ですよ【普遍的法則】

転職の面接で成功するために必要なたった2つの準備【普遍的な戦略】

ブログ収益化を遠回りさせる方法5選【普遍的なセンスのない行動を学ぶ】

 

 

あなたの参考になれば幸いです。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました^^

 

 

 

 

▼オススメ無料教材▼

👉 詳細はこちら!!