第3者

子供からパパに2020年のバレンタインにプレゼントをあげよう。パパは何を買えば喜ぶんだろう。

という悩みにお答えします。

 

結論、使えるものを買うのが良いです。男は合理主義なので。

 

私は子供2人のパパです。バレンタインには子供にプレゼントをあげます。でも本当はパパだって子供からプレゼントが欲しいんです、笑。

 

『子供がパパにプレゼントをあげる』ためには裏でママが子供をコントロールする必要があります。実質ママからパパへのプレゼントですね。

 

本記事では、子供を持つママのあなたに向けて

2020年のバレンタインでパパが喜ぶプレゼントは何か

をお伝えします。

⇒ ゴディバ (GODIVA) レジェンデールトリュフ 9粒 の詳細と価格を確認する

 

スポンサーリンク




バレンタインにパパへプレゼントする際の基本的な考え方

男は合理主義です。バレンタインのプレゼントは、パパにとって利用価値が高いものが喜ばれます。体験できる事でもOKです。

 

例えば、パパが仕事や趣味で使うものや、実際に一緒に体験できる事をプレゼントすると喜ばれます。ゴルフをしているパパにゴルフの小物をプレゼントすれば喜ばれます。

 

合理主義者は、便利ならモトカノからのプレゼントでも長く使います。私の友人は大昔の彼女からプレゼントされた掛け時計を10年以上使っています。

 

逆に、パパが使えないもの、体験できないものをプレゼントしても喜ばれません。例えば、花は喜ばれません。

 

次項から具体的にどんなモノ/コトがパパに喜ばれるのかを書きます。

 

 

パパが喜ぶバレンタインプレゼント(1):チョコレート

子供からチョコレートをもらって喜ばないパパはいません。

 

職場の誰からももらえなくても、たとえ嫁からもらえなくても、子供からチョコレートをもらえればパパは満足します。

 

ママがチョコレートを買って来て、子供からパパに手渡すだけでパパは満足します。

 

費用対効果は絶大です。

 

2020年はトルコ食品最大手ユルドゥズ・ホールディングが売却したベルギーのチョコレート会社が狙い目です。

 

優良ブランドのため日本事業は1000億円超の高額で売却されました。

⇒ ゴディバ (GODIVA) レジェンデールトリュフ 9粒 の詳細と価格を確認する

 

 

パパが喜ぶバレンタインプレゼント(2):子供が手作りのもの


子供から手作りのものをもらって喜ばないパパはいません。

 

どんなものでもパパは喜びます。たとえ裏で嫁が動いている事が分かっていてもパパは喜びます。

 

我が家は子供から上の写真の似顔絵をもらいました。パパの私は嬉しくて2年以上ずっと飾ってます。

 

費用対効果は絶大です。

 

 

パパが喜ぶバレンタインプレゼント(3):ブックカバー

パパは通勤電車で本を読む事が多いです。

 

通勤電車で本を読む時に周りの人に本のタイトルを見られたくない場合があります。

 

その時にブックカバーが便利です。2020年の流行りはこちらです。

 

⇒ 本革 ブックカバー B5サイズ の詳細と価格を確認する

 

『こんな商品があったんだ』とパパに喜んでもらえます。

 

さらにこの商品は長く使うと手になじんで愛着が沸いてきます。パパは長い間感動し続けます。

 

ママと子供はバレンタインの時だけでなく長い間感謝されます。

 

費用対効果は絶大です。

 

 

パパが喜ぶバレンタインプレゼント(4):高級ボールペン

男は見栄っ張りです。

 

高級ボールペンを持つ事に格好良さを感じます。

 

ちょっとしたサインをする際に内ポケットから高級ボールペンを取り出してサインをするだけで自己陶酔します。

 

何か聞かれたら「バレンタインに子供からもらった」って言いたいんですw

 

2020年の流行りはこちらです。

 

⇒ パーカー ボールペン ソネット ニューコレクション ラックブラック の詳細と価格を確認する

 

少し高いですが長期間満足してもらえます。

 

 

パパが喜ぶバレンタインプレゼント(5):パパがやっているスポーツの道具(消耗品)

パパは、好きなスポーツの道具(消耗品)をプレゼントされると喜びます。

 

バレンタインにスポーツの道具をプレゼントでパパにあげると、パパはそれを友人に自慢します。

 

『これ子供がくれたボールなんだ~!』のような感じです。

 

多少好みと違っても『俺が好きなのはこのタイプじゃないのになぁ』と言いながら喜んで使います。

 

私の父はテニスをやっていました。ラケットのガットをプレゼントした事があります。その時も本当に喜んでもらえました。

 

ガットとはこんな商品です。

硬式テニスガット (Luxilon 4G SOFT 16L(1.25)String)

 

 

一つ気を付けて欲しいのは『消耗品を選ぶ』事です。

 

消耗品ではない道具、例えばテニスならラケット、ゴルフならクラブ、はパパが強いこだわりを持っている可能性が高いです。

 

少し型が違うだけで気に入ってもらえない可能性があります。男は『こだわりが強い道具』については気に入らないものを受け付けません。

 

たとえ家族からのプレゼントでも使いません。ここは女性には理解されづらい所かもしれませんが是非ご注意くださいね。

 

 

パパが喜ぶバレンタインプレゼント(6):カー用品(消耗品)

パパは、カー用品(消耗品)をプレゼントされると喜びます。

 

洗車道具や車内清掃用具などです。

 

私は『車は走りさえすば良い』と思うほどこだわりがないのですが、以前に嫁さんから車内の消臭剤をもらったことがあります。

 

⇒ P&G/ファブリーズ W除菌 本体 370ml の詳細と価格を確認する

 

地味に嬉しかったです。実際に使えるのが良いですね。中身がなくなるまできっちり使いました。

 

 

パパが喜ぶバレンタインプレゼント(7):水筒、お弁当箱

パパは、水筒やお弁当箱をプレゼントされると喜びます。

 

最近会社に水筒やお弁当箱を持参する人が多いです。水筒は1/2ぐらい、お弁当は1/4ぐらいの人が持ってきている印象です。

 

パパが水筒やお弁当箱を使っている場合は、プレゼントとして喜ばれますよ。パパ視点では『子供が選んでくれた水筒とお弁当箱』は嬉しいですから。

⇒ パパが喜ぶ 水筒 の詳細と価格を確認する

 

 

パパが喜ぶバレンタインプレゼント(8):シャツ

パパは、シャツをプレゼントされると喜びます。

 

サイズもLかMかぐらいを知っておけば外す事は少ないです。

 

今パパが使っているシャツの痛み具合を見て、そろそろ替え時と感じたら良いプレゼント候補になるでしょう。

 

ブランドとサイズを指定して、その中からママが選択肢を5個ぐらい選んでください。その選択肢の中から子供に選ばせるのが良いです。

 

 

パパが喜ぶバレンタインプレゼント(9):ネクタイ

パパは、ネクタイをプレゼントされると喜びます。鉄板です。

 

私が小学生の頃にお小遣いをためて父親にネクタイを買った所、本当に喜んでもらえました。

 

子供ながら『こんなに喜ぶんだぁーー』と驚いたぐらいです。

 

価格は980円でした。子供が選んだネクタイであれば価格は安いもので問題ありません。

 

 

パパが喜ぶバレンタインプレゼント(10):ベルト

パパは、ベルトをプレゼントされると喜びます。

 

ベルトは『自分で選ぶのは面倒だしどうせ外から見えないから適当でいいや』と思っているパパが多いです。

 

そんなベルトを子供からバレンタインにプレゼントされるととっても嬉しいです。

 

ベルトは丈夫ですし長さを調整できるので体形が多少変わっても使えます。長く使えるので喜ばれますよ。

 

私は嫁さんからもらったベルトを10年以上使っています。

⇒ バリー ベルト メンズ ブラック の詳細と価格を確認する

 

自分では高級なベルトを買う事はないので、嬉しかったです。

 

少し高いですが長期間満足してもらえます。

 

 

2020年のバレンタインでパパが喜ぶプレゼント10選【キーマンはママです】 まとめ

  • 男は合理主義なので、パパへのバレンタインのプレゼントは『パパが使えるもの、体験できるもの』が良いです
  • パパへのバレンタインのプレゼントはママが選択肢を決めて子供に選ばせる形で決めるのが良いでしょう

 

パパが子供に好かれるかどうかはママ次第です。あなたの力で子供をパパに懐かせて、あとでパパからご褒美をもらいましょう。

 

私が過去にもらったバレンタインのプレゼントで一番使えるものはこちらです。パパ視点で長期間満足度が高いのでオススメです。

 

⇒ 本革 ブックカバー B5サイズ の詳細と価格を確認する

 

 

あなたの参考になれば幸いです。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました^^

 

 

 

オススメ無料教材

 

会社困る人

会社で成果を出して給料を上げたい

ホワイト企業に転職したい

サラリーマンを続けつつ副業で稼ぎたい

というあなたにオススメの無料教材があります!

 

すぐにはサラリーマンを辞めて起業するリスクが取れない『気弱な人 (これ、私の事です)』が転職と副業を組み合わせる事で無理なくサラリーマンを卒業する方法を学ぶ事ができます。しかも【無料】です。

 

▼詳細はこちらから▼

 

 

気弱リーマンが月収10万円増やした方法の紹介ページへ