WordPressプラグインを使わずに記事単位でアドセンスを非表示にする方法
会社困る人

記事単位でアドセンス広告を非表示にしたい

という悩みにお答えします。

 

ブログを運営しているとアドセンス広告を非表示にしたい記事が出てきます。『この記事はアドセンス広告を表示しない方が良いかもしれない』と感じる記事です。

 

記事に直接広告を入れている場合は消せばよいだけですが、プラグインや共通コンテンツなどを使って機械的にアドセンスを入れている場合は少し工夫が必要です。

 

本記事では、

WordPressプラグインを使わずに記事単位でアドセンスを非表示にする方法

をお伝えします。

 

記事単位でアドセンスを非表示にしたい場合とは

記事単位でアドセンスを非表示にしたい場合が2つあります。

 

(1) アドセンスのコンテンツ ポリシーに抵触するかもしれない場合

 

アドセンスのコンテンツポリシー に書いてある、アダルト・アルコール・タバコ・ギャンブルなどに関するコンテンツです。

 

意識して禁止コンテンツを書く事はありませんが、記事の流れで少しだけ禁止コンテンツの話題に触れる事があります。

 

例えば、飲み会の場での楽しい物語を書く場合にはアルコールの話題を書き過ぎてしまうような場合です。

 

この程度なら問題ないと思うけど心配だからこの記事はアドセンスを非表示にした方が良いかな と思う事があります。

 

このような場合はアドセンスを非表示にしておくのが無難です。

 

 

 

(2) ASP広告を多数表示する場合

 

アドセンス以外の広告を多数表示する記事 はアドセンスを非表示にした方が良いです。例えば、ランキング形式の記事でASP広告を多数表示する場合などが該当します。

 

Google公式の情報では明確なルールはありません。

 

しかし、ユーザに多く見られ、しかも他のASP広告が少ない記事にGoogleアドセンスの広告を表示してもらう事がGoogleの利益になる事を考えると、

 

アドセンス以外の広告を多数表示する記事にはアドセンスを非表示にするという方針は正しいと言えます。

 

 

直接の事例ではありませんが『商品レビューのような明示的にアフィリエイトをしている記事がブログの半数以上を占めるとアカウントが停止になる』ことがあるそうです。

 

Googleの立場ではアドセンスを表示する記事にASP広告を多数表示する事は好ましくない事を理解しましょう。

 

WordPressプラグインを使わない理由

WordPressプラグインは意識して管理しないとどんどん増えて行きます。

 

水とリスクは放っておくと低い方に流れると言いますが、WordPressプラグインは放っておくと増えます。

 

プラグインが増えると相性問題や互換性問題が発生する確率が上がります。

 

テンプレートを新しいものに更新したらプラグインが動かなくなった のような場合があります。

 

 

プラグインは必要最小にすべきです。簡単な実装で代替できる場合はプラグインを使うべきではありません。

 

記事単位でアドセンスを非表示にするだけなら、本当に簡単に実現できるので、プラグインを使うまでもありません。

 

WordPressプラグインを使わずに記事単位でアドセンスを非表示にする方法 を次項で説明します。

 

WordPressプラグインを使わずに記事単位でアドセンスを非表示にする方法

 

たった2ステップで、WordPressプラグインを使わずに記事単位でアドセンスを非表示にする事ができます。

 

(1) アドセンスコードを div タグで囲む

 

<div class=”non-ads”>

(アドセンスコード)

</div>

 

 

WP QUADSを使っている方はこんなイメージです。

 

 

 

 

賢威の共通コンテンツを使っている方は以下のイメージです。

 

 

(2) アドセンスを非表示にしたい記事の最後に style タグを書く

 

<style type=”text/css”>.non-ads {display:none;}</style>

 

こんなイメージです。

 

 

これだけです。

 

(1)は一度行えば以後は不要です。以後はアドセンスを非表示にしたい記事の最後に(2)を貼りつけるだけで良いです。

 

WordPressプラグインを使わずに記事単位でアドセンスを非表示にする方法 まとめ

  • WordPressプラグインを使わずに記事単位でアドセンスを非表示にする方法は「アドセンスコードを div タグで囲む→記事の最後に style タグを書く」の2ステップです。

 

 

転職を考えているあなたへ

今すぐ転職する気がなくても転職サイトに登録しておいた方が良いです。

なぜなら、いざ『転職しよう』と思った時には精神的ストレスはかなり高くなっており、その時には転職サイトに登録する気力すら無くなってしまうからです。

まだ余裕のあるうちから常に求人情報を仕入れて気になる求人情報をストックしておけば『転職という選択肢』を作る事ができます。そうすれば、過労で倒れたり精神疾患を患う前に『転職という選択肢』を実行できます。

転職サイトは登録無料です。あなたの条件にあった新規求人や転職可能なおすすめ求人がメールで届くので、今は転職できなくても登録しておくのが良いです。

優良な求人情報が集まる転職サイトのオススメは以下の2つです。

ビズリーチ

ハイクラスに特化した会員制転職サイトです。会員数94万人超・企業数6700社超で国内最大級です。会員制なのであまり見かけない非公開求人やポジションも多数あります。あなたが職務経歴書を登録するとヘッドハンターと国内外の優良・成長企業が直接スカウトします。

GeekOut

転職のプロからのオファーなど『いいところがあったら転職したい』エンジニアのための転職サービスです。登録するだけで自分の興味がある求人情報をフィードで手軽に見ることができるので、転職意志がなくても、まずは情報収集をしたいという方にオススメです。


ビズリーチ と GeekOut は強みが異なるので、2つ登録しておく事でシナジー効果が得られます。

 

▼オススメ無料教材▼

👉 詳細はこちら!!