【ブラック企業からの逃げ方】超える必要のない壁は全力で回避せよ

あなたは超える必要のない壁を超えようとしていませんか?

 

ブラック企業は超える必要のない壁です。もしあなたがブラック企業で成果を出そうと努力しているなら、その努力は間違っています。

 

私は新卒でブラック企業に入社して苦労しました。何とか脱出してから15年が経過しました。今はホワイト企業でマネージャーをしています。

 

本記事を読むとブラック企業からの逃げ方と逃げた後の具体的な選択肢を知る事が出来ます。

 

本記事では、あなたより少し先輩の私が6つのアドバイスを送るという形式で

ブラック企業からの逃げ方

をお伝えします。1つでも参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク

ブラック企業を辞めよ

ブラック企業だったら会社を辞めればいいじゃん

 

第3者から見ると簡単に見えるのですが、行動するのはなかなか難しいです。私も経験者なのでよく分かります。

 

『ブラック企業に就職してしまった』事は事故です。誰にでも遭遇する可能性のある事です。

 

ブラック企業の社員が自殺するという不幸なニュースを聞く事があります。あれは『負け癖が付いていないプライドの高い人』が『ブラック企業に入った』場合に発生確率が上がります。

 

過去の私もこの条件に当てはまります。私は本当に危ない環境にいたのだと認識しています。思い出すと寒気がします。

 

私の体験談を詳細をこちらの記事に書いたので興味がある方は読んでみてください。そして本記事に戻ってきてください。

 

新卒の就職活動でブラック企業を選んでしまったけど命からがら脱出した話

 

いかがでしたか?なかなかのブラック度でしょう?

 

ブラック企業はあなたの人生を捧げる場所ではありません。あなたが仕事を出来なくなっては元も子もありません。今すぐ逃げましょう。会社を辞めましょう。

 

 

今ここにある問題から逃げよ

『会社を辞める前に今ここにある問題を何とかしなければいけない』と思っていませんか?

 

その気持ちは痛いほど分かります。私もそうでした。

 

でもね、『何とかしなければいけない』事はないんです。あなたが会社から逃げる第一歩として『今ここにある問題から逃げる方法』を教えましょう。『上手に両手をあげる』です。

 

上司や客先から無理難題を指示された時に、上手に断ってください。

 

第3者

○○さん、これやっといて

セパ課長セパ課長

すみませんが私の手には負えません

 

という感じで。

 

『私の手には負えませんので上司であるあなたが処理してください。』という選択肢がある事を知ってください。格好良い言葉で言うと『エスカレーション』です。

 

 

私の事例です。

 

私は25歳の時に、地方に一人で出張し30人以上の年上の業務委託の人たちを統括していました。ストレスの量も質も凄まじく、白髪が増え10円ハゲが出来ました。

 

ある時に別の会社の20歳年上の人が私を見かねて飲みに誘ってくれました。プライドの高い私は、弱い所を見せないように振る舞っていました。そこで心に突き刺さった一言をもらいました。

 

第3者

できませんって言って上司にやらせればいいじゃん

 

『なるほど、そんな選択肢があるんだ』と気が楽になったのを覚えています。

 

 

ブラック企業を辞めてからはこれをやれ

ブラック企業を辞めてから2週間ぐらいは何もしないで過ごす事をお薦めします。

 

私は一日中寝る生活を2週間続けました。何もしないで寝て天井を見ているだけでストレスが抜けていくのを感じました。

 

私の場合は2週間後に「そろそろ動き出そうかな」と自然に力が湧いてきました。想像以上の精神的ダメージを受けていた事に気づきました。

 

 

あなたの力でブラック企業を変える事はできない事を知れ

世の中には『あなたができない事』があります。

 

どうやっても勝てない事があります。超えなくて良い壁があります。

 

あなたの力でブラック企業を変える事はできません。ブラック企業に入ってしまったら、全力で逃げましょう。

 

 

ブラック企業から逃げた後の選択肢を知れ

(1) 会社員

ある程度ホワイトな企業に就職する伝手がある場合は是非利用しましょう。

 

例えば、大き目の会社の場合は社内転職制度という制度があります。これは是非利用しましょう。転職する事なく実質転職出来ます。友人や先輩があなたを引っ張ってくれる場合も利用して損はありません。

 

転職特化型のプログラミングスクールを利用して転職する道もあります。

エンジニアがオススメする転職特化型のプログラミングスクール

 

 

(2) 派遣エンジニア

ブラック企業から逃げた後は「派遣エンジニア」になるという選択肢もあります。

 

派遣エンジニアという選択肢を知っているだけで、ブラック企業から逃げるための安心材料になります。

 

派遣エンジニアになるメリットと方法はこちらの記事に書きました。

ブラック企業経験者がオススメする派遣エンジニアという働き方

 

 

(3) フリーランスエンジニア

あなたが自信がある場合はフリーランスエンジニアになっても良いです。

 

まずは派遣エンジニアやプログラミングスクールで力を蓄えるのがオススメです。

ブラック企業経験者がオススメする派遣エンジニアという働き方

エンジニアがオススメする転職特化型のプログラミングスクール

 

 

(4) 起業

ブログ起業するためのオススメの教材をこちらに書きました。

サラリーマンが副業する(=リスク0で起業する)ためのオススメの教材とツール5選

 

サラリーマンの収入を途切れさせるのはリスクですが、その分サラリーマンよりも速いスピードで成果を出せます。あなたの時間を起業に集中投資するのもアリです。

 

 

ブラック企業から逃げた後に取りうる選択肢を知っているだけで、ブラック企業から逃げるための安心材料になります。

 

 

転職のチャンスはいくらでもある事を知れ

中途採用には黄金期があります。30-35歳です。

 

30-35歳は、あなたの人生であなた自身を最も高い価値で売り込み出来る時期です。それまでに力を蓄えておけば、あなたが望むホワイト企業に就職できる確率は高いです。まだ伸びしろもあるのでその分も加味して評価されます。

 

私はホワイト企業で採用に携わった事があります。中途採用では我々の業務を遂行するための力を備えているかを見ます。30-35歳の人は派遣だとしても、スキルマッチする人は採用します。

 

 

【ブラック企業からの逃げ方】超える必要のない壁は全力で回避せよ まとめ

  • ブラック企業を辞めよ
  • 今ここにある問題から逃げよ
  • ブラック企業を辞めてからはこれをやれ
  • あなたの力でブラック企業を変える事はできない事を知れ
  • ブラック企業から逃げた後の選択肢を知れ
  • 転職のチャンスはいくらでもある事を知れ

 

以上がブラック企業からの逃げ方に対する私からのアドバイス6選です。

 

最も大切な事はあなたがブラック企業を辞める事です。ブラック企業からはすぐに逃げてください。何とかなりますから。

 

 

あなたの参考になれば幸いです。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました^^

 

 

 

 

▼オススメ無料教材▼

👉 詳細はこちら!!