『ソフト開発エンジニアに向いてないから転職して企画の仕事をしようかな?』の対策3選
悩むボーイ

ソフト開発エンジニアに向いてないから転職して企画の仕事をしようかな?

という悩みにお答えします。

 

技術力が高いフリーランスエンジニアの方と一緒に仕事をすると『これは勝てないな』と感じますよね。

 

実際に知り合いからこの悩みを相談される事が多いです。私も常にこの悩みを抱えています。それでも私はソフト開発の現場で15年以上サラリーマンを続けています。

 

本記事では

『ソフト開発エンジニアに向いてないから転職して企画の仕事をしようかな?』という場合のオススメ対策3選

をお伝えします。

 

『ソフト開発エンジニアに向いてないから転職して企画の仕事をしようかな?』はオススメしない

結論、『ソフト開発エンジニアに向いてないから転職して企画の仕事をしようかな?』はオススメしません。理由は2つです。

(1) 論理破綻している

『ソフト開発エンジニアに向いてない』なら今の会社の他の部門に異動すれば良いです。

 

『企画の仕事をしたい』ならソフト開発の現場でもできます。(本職以外の仕事も行うので多少業務時間は増えてしまいますが)

 

『転職したい』と考えているのは別に理由があるはずです。『転職したい』理由を深堀りするのが正しい対策です。

(2) ソフト開発エンジニアはいつでも辞められる

ソフト開発エンジニアとして働いた経験は市場価値が高く、いざ企画部門に異動する際には強い武器となります。

 

反対に、企画部門からソフト開発エンジニアに異動するのは容易ではありません。

 

せっかく市場価値が高いソフト開発エンジニアをやっているのですから、結論を急ぐ必要はありません。いつでも辞められるのですから。

 

 

『転職したい』原因を分析すると、『パワハラ、技術力が不足している、もっとお金を稼ぎたい』の3つに当てはまる事が多いです。それぞれの対策をお伝えします。

 

パワハラの場合

『転職したい』理由がパワハラである場合は、ホワイト企業に転職するのが良いです。

 

ソフトウェア開発エンジニアの業界は上司のパワハラが横行しています。

 

指導者となる5-10歳年上の先輩が『知識レベルの低い人に対して自分のレベルを下げて丁寧に教えてくれない』事が多いです。

 

一般的な技術ならともかく、社内の独自ルールまで教えてくれない場合があります。これに強い口調が合わさると立派なパワハラです。

 

私もこのパターンのパワハラに遭遇した事があります。リーダーの指導が厳しく、6人のチームで3人が同時に辞めました。

 

あなたがサボらずに全力で仕事をしているのに成果が出ない場合は上司の責任です。上司の指導をあなたがパワハラと感じるなら転職するのが良いです。

 

転職するためのオススメのエージェントを記事にしたので参考にしてください。

 

 

技術力が不足している場合

『転職したい』理由があなたの技術力不足である場合は、今の会社を辞めて派遣エンジニアから始めるのが良いです。

 

派遣エンジニアというとイメージが悪いかもしれませんが、技術力を蓄えるには良い環境です。仕事が出来て、技術力を上げられて、お金も貰えます。多少の未熟さは許容されます。

 

30-35歳で転職の黄金期が来ますので、それまでに力を貯めるためには良い選択肢と言えます。

 

派遣エンジニアになるためのオススメのエージェントを記事にしたので参考にしてください。

 

 

もっとお金を稼ぎたい場合

『転職したい』理由が『もっとお金を稼ぎたい』である場合は、今の会社を辞めてフリーランスエンジニアになるのが良いです。

 

基本的に会社員よりもフリーランスの方が給料が高いです。フリーランスは『社会保障や雇用保険などの保障がない事』と『掛け持ち出来る事』が理由です。

 

あなたが技術力に自信を持っている場合はフリーランスエンジニアになるのも良い選択肢です。

 

ただし、フリーランスエンジニアは高い技術力が要求されるので常に新しい技術を勉強する姿勢が必要です。

 

私は100人以上のフリーランスエンジニアさんと一緒に仕事をしてきましたが、上位層は本当にすごいです。超優秀です。

 

これから需要が増える業界なので挑戦してみる価値はありますよ。

 

フリーランスエンジニアになるためのオススメのプログラミングスクールを記事にしたので参考にしてください。

 

 

『ソフト開発エンジニアに向いてないから転職して企画の仕事をしようかな?』の対策3選 まとめ

  • パワハラの場合は転職
  • 技術力不足の場合は派遣エンジニア
  • お金を稼ぎたい場合はフリーランスエンジニア

転職を考えているあなたへ

今すぐ転職する気がなくても転職サイトに登録しておいた方が良いです。

 

なぜなら、いざ『転職しよう』と思った時には精神的ストレスはかなり高くなっており、その時には転職サイトに登録する気力すら無くなってしまうからです。

 

まだ余裕のあるうちから常に求人情報を仕入れて気になる求人情報をストックしておけば『転職という選択肢』を作る事ができます。そうすれば、過労で倒れたり精神疾患を患う前に『転職という選択肢』を実行できます。

 

転職サイトは登録無料です。あなたの条件にあった新規求人や転職可能なおすすめ求人がメールで届くので、今は転職できなくても登録しておくのが良いです。

 

優良な求人情報が集まる転職サイトのオススメは以下の2つです。

 

ビズリーチ

ハイクラスに特化した会員制転職サイトです。会員数94万人超・企業数6700社超で国内最大級です。会員制なのであまり見かけない非公開求人やポジションも多数あります。あなたが職務経歴書を登録するとヘッドハンターと国内外の優良・成長企業が直接スカウトします。

GeekOut

転職のプロからのオファーなど『いいところがあったら転職したい』エンジニアのための転職サービスです。登録するだけで自分の興味がある求人情報をフィードで手軽に見ることができるので、転職意志がなくても、まずは情報収集をしたいという方にオススメです。


ビズリーチ と GeekOut は強みが異なるので、2つ登録しておく事でシナジー効果が得られます。

 

 

▼オススメ無料教材▼

👉 詳細はこちら!!