『円満退社が難しい・退職願を出せる雰囲気がない』場合に上手く会社を辞める方法
会社困る人

円満退社が難しい。退職願を出せる雰囲気がない。どうやったら上手く会社を辞められるだろうか。

という悩みにお答えします。

 

『円満退社が難しい・退職願を出せる雰囲気がない』という気持ちを持つ人は結構います。私も経験者です。

 

私の場合は、転職の時に退職願を上司に提出したら、部長に『オレはハンコは押さん!』と怒鳴られて退席されました。なかなかすごいでしょ?

 

一方で、職業選択の自由は日本国憲法で認められています。サラリーマンは上司も部署も選ぶ事は出来ませんが会社を選ぶことは出来ます。

 

つまり『会社を辞める』という行為は『勝ち確』です。もし円満退社出来なくても喧嘩別れはせずに、厳かに結果だけ得て去るのが良いです。

 

本記事では、

『円満退社が難しい・退職願を出せる雰囲気がない』場合に上手く会社を辞める方法

をお伝えします。

 

『円満退社が難しい・退職願を出せる雰囲気がない』のは辛く孤独な戦い

私は円満退社推進派です。転職の相談を受けた時は必ず『円満退社』を推奨します。円満退社出来る状況を作ってから転職しないと次の職場でも同じことを繰り返すからです。

 

とはいえ、例外もあります。クセのある上司の場合は円満退社が難しい場合もあります。退職願を出すタイミングでたまたま上司だった人の性格によるので仕方がありません。

 

 

私は社内・社外の転職を4回経験しています。円満退社が3回で、準円満退社が1回です。その『準円満退社』の時の事を書きます。

 

超クセがある部長がいました。私が転職の時に退職願を部長に提出したら、その部長は『オレはハンコは押さん!』と怒鳴って退席しました。なかなかすごいでしょ?

 

この時には『円満退社は難しい。退職願を出せる雰囲気がない。』という気持ちを持ちました。まさか自分がこんな境遇になるとは思っていませんでした。

 

  • 私が信頼していた課長は私より2ヶ月早く転職してしまい頼れませんでした
  • 新任課長は私の事を全く知らない状態でした。初めての1対1のMeetingで『転職します』と伝えてビックリしていたぐらいです。
  • 転職先の会社の人事に相談したら『退職できないなら入社も出来ませんよ』と言われました。
  • 部長は同僚全員から疎まれていたので、同僚を頼る事も出来ませんでした。

 

私にとって辛く孤独な戦いでした。

 

追い込まれた私は毎日朝7時に出社して朝一でその部長を捕まえて声を掛け続けました。(その部長は朝早く出社する人でした)

 

その結果、退職の2週間前に部長がハンコを押してくれて、ギリギリで退職出来ました。

 

何とか退社出来ましたが、全てが上手く行ったわけではないので『準円満退社』といった所です。

 

『円満退社が難しい、でも喧嘩別れはしたくない』場合の選択肢

私は体育会系出身です。人並みのメンタルを持っていると思います。その私にとっても、この交渉はキツかったです。もう一度は出来ないかもしれません。

 

あなたにとって円満退社が難しい場合、現代では『円満退社をしない』という選択肢がある事を知ってください。メンタルをやられるよりよっぽど良いです。

 

と言っても喧嘩別れではありません。

 

会社ではみんながそれぞれの立場で発言しています。今のあなたにとって嫌な人でも、いずれ立場が変わって味方になってくれるかもしれません。

 

どの業界も狭いです。いずれ一緒に働く事があるかもしれません。私が今働いている職場では、前の会社の上司と部下が1人ずついます。

 

どんな状況でも喧嘩別れは良くないです。

 

 

『ではどういう選択肢があるか?』ですが、円満退社をしない選択肢は『退職代行サービス』です。

 

退職代行サービスは『円満退社が難しいならせめて喧嘩別れしないで退社したい。』というニーズにぴったりのサービスです。

 

  • 円満退社はプラス
  • 退職代行サービスはゼロ
  • 喧嘩別れはマイナス

 

です。円満退社が難しいならせめてゼロを確保しましょう。

 

こんなサービスが流行るとは、すごい時代になったものです。

 

退職代行件数累計9000件突破の退職代行サービス『SARABA』

退職代行SARABA』という退職代行サービスがあります。その名の通りに退職代行をしてくれます。

 

SARABA のサービスを使うと、私が苦痛を感じた部分である『退職願を上司に出して会社を辞める』という一連のプロセスを任せられます。

 

SARABA のサービスを使うと、あなたはこの苦痛プロセスから解放されます。業者が郵送などで手続きを済ましてくれるので、あなたは何もやる必要はありません。

 

価格は職業に関係なく一律27000円です。他社と比較しても安いです。

 

SARABA の特徴は3つあります。

 

(1) 労働組合が運営しているため、退職の旨だけでなく、残業代や未払い賃金の請求、有給の交渉も可能

(2) 24時間365日電話、LINE・メール営業しており、5分以内の即返信がモットー、退職できなければ全額返金保証付き

(3) 退職代行件数累計9000件突破の業界ナンバー1の実績

 

『円満退社が難しい・退職願を出せる雰囲気がない』場合に上手く会社を辞める方法 まとめ

  • 円満退社が難しい場合は退職代行サービスがある
  • 退職代行SARABA のサービスを使うと『退職願を上司に出して会社を辞める』という一連のプロセスを任せられる

 

転職を考えているあなたへ

今すぐ転職する気がなくても転職サイトに登録しておいた方が良いです。

 

なぜなら、いざ『転職しよう』と思った時には精神的ストレスはかなり高くなっており、その時には転職サイトに登録する気力すら無くなってしまうからです。

 

まだ余裕のあるうちから常に求人情報を仕入れて気になる求人情報をストックしておけば『転職という選択肢』を作る事ができます。そうすれば、過労で倒れたり精神疾患を患う前に『転職という選択肢』を実行できます。

 

転職サイトは登録無料です。あなたの条件にあった新規求人や転職可能なおすすめ求人がメールで届くので、今は転職できなくても登録しておくのが良いです。

 

優良な求人情報が集まる転職サイトのオススメは以下の2つです。

 

ビズリーチ

ハイクラスに特化した会員制転職サイトです。会員数94万人超・企業数6700社超で国内最大級です。会員制なのであまり見かけない非公開求人やポジションも多数あります。あなたが職務経歴書を登録するとヘッドハンターと国内外の優良・成長企業が直接スカウトします。

GeekOut

転職のプロからのオファーなど『いいところがあったら転職したい』エンジニアのための転職サービスです。登録するだけで自分の興味がある求人情報をフィードで手軽に見ることができるので、転職意志がなくても、まずは情報収集をしたいという方にオススメです。


ビズリーチ と GeekOut は強みが異なるので、2つ登録しておく事でシナジー効果が得られます。

 

 

▼オススメ無料教材▼

👉 詳細はこちら!!