【気弱リーマンがTOEIC800点】取りこぼし防止向け小手先テクニック(Part7編)
悩むボーイ

TOEICは上手く受験すればもう少し点数が取れそうだけど、どうすれば良いんだろう

という悩みにお答えします。

 

私は小手先テクニックだけでTOEICの点数を130点上げました(730点→860点)。英語力は変わらずに点数だけが上がった感覚です。『それずるいでしょー』という方法も含みます。

 

私は小手先テクニック推奨派ではありませんが、『あなたのライバルがTOEICの小手先テクニックを知って受験していて、小手先テクニックを知らないあなたが130点損している』のは事実です。

 

本記事を読んで小手先テクニックを知ると、あなたがこれまで取りこぼしていた点数が取れるようになります。その結果、あなたの英語力をTOEICの点数に正しく反映出来るようになります。

 

本記事では、TOEIC800点を目指す気弱リーマンのあなたに向けて

TOEICのPart7読解問題の取りこぼし防止向けの小手先テクニック

をお伝えします。

 

スポンサーリンク

小手先テクニックの前に:TOEIC Part7読解問題とは?

TOEICのPart7は読解問題です。

 

問題用紙に英語の文章が1つまたは複数印刷されています。続けてその文章に対する設問と選択肢が印刷されています。

 

サンプル問題はこちらを参照ください。

 

Part7 サンプル問題

 

 

TOEIC Part7 読解問題に対する私の課題とアプローチ

私にとってPart7の読解問題の課題は時間通りに終わらない事でした。

 

どんなに気合を入れても12問ぐらい残ってしまうのです。

 

たまに「全問解けた」と言って500点前後の方がいますが、もう少しじっくり解いた方が良いです。私は800点以上取っていますが、それでも全問は解けていないですから。

 

『どうやったら時間内により多くの正答数を獲得できるか』という点で小手先テクニックを考えました。

 

次項より私が見つけたPart7の読解問題の小手先テクニックを書きます。

 

 

小手先テクニック(1):リーディング時間の最初に長文を解く

私はリーディング75分中最初の45分をPart7の読解問題に使います。

 

Part5と6は残りの30分を使います。この時間ではPart7もPart5-6も全ての問題を解く事は出来ません。

 

Part7を数問Skipしますし、Part6は最低1問は解けずにタイムアップになってしまいます。

 

でもこの時間配分をすることで苦手なPart7に確実に45分使う事が出来るようになりました。

 

 

小手先テクニック(2):設問を最初に読む

本文を読む前に問題文に目を通します。

 

これをやると効率的に本文を読めるようになります。トレーニングして自分のものにしてみてください。選択肢まで読む必要はありません。

 

私が推奨する 悪知恵 コツですが、

 

  • 設問1を読む
  • 長文の最初のフレーズを読む

 

これだけで設問1が解けてしまう場合があります。さらにその長文に対する設問があと1つしかない(合計2つの設問しかない)、という場合は、私はその時点でその長文を解くのを中止して適当にマークします。

 

その長文に使う時間は20-30秒です。空いた時間を他の長文に使います。

 

 

小手先テクニック(3):英語が少ない問題から解く

英語が少ない問題を選んで解きます。問題を順番には解きません。

 

問題の冊子をぱらぱらとめくるとチャンス問題があります。それをまず解きましょう。

 

英語が極端に少ない問題はチャンス問題です。例えば『飛行機の時刻表・ホテルの食事のメニュー・買い物のレシート』などです。

 

一般常識で解ける問題もチャンス問題です。例えば、飛行機の時刻表があって、設問1が『カナダ行きの飛行機は何時発?』だったら表を読むだけで解けます。

 

もはや英語の能力は試されていません。

 

でもこれ、よく考えたら海外で自分が行っている事なんですよね。時刻表を見たり食事のメニューを見たりレシートを見たり。

 

さらに言うと、日本でもこの作業は行っていてその時に日本語はまともに読んでいません。

 

という意味では、実生活に沿った良い問題と言えます。解く立場としては、英語力は関係なく解けるのですから美味しい問題と言えます。

 

 

小手先テクニック(4):Articleを後回しにする

Part7の長文は、Email、Letter、Notice、Article、Advertisement などがあります

Question 1-4 Refer to the following Email

のように設問の冒頭に書いています。

 

Email、Notice、Advertisementなどはある程度自分の経験を基に読む人や状況を想像しながら読むことができます。時刻表、アルバイト募集、などです。

 

しかし、Articleはゼロベースで読む必要があります。

 

全く知らない記事を背景から本題にわたるまで詳細に書いています。短時間でこれを読むのはきついです。というか効率が悪いです。なので

 

Articleを後回しにします。他の問題を優先的に解きましょう。

 

 

【気弱リーマンがTOEIC800点】取りこぼし防止向け小手先テクニック(Part7編) まとめ

  • リーディング時間の最初に長文を解く
  • 設問を最初に読む
  • 英語が少ない問題から解く
  • Articleを後回しにする

 

が私が編み出した小手先テクニックです。

 

小手先テクニックを駆使して点数の取りこぼしを防ぎ、あなたの英語力を正しくTOEICの点数に反映してください。

 

私は以下の本を使ってPart7のトレーニングをしました。副次的効果として英語力も向上しました。オススメです。

TOEICテストPart7を1問1分で解けるようになる本 制限時間内に長文リーディングを最後まで [ 高橋基治 ]

解きまくれ!リーディングドリルTOEIC(Part7) [イ・イクフン]

 

 

気弱リーマンがTOEIC800点を取るメリットを書いた記事です。

【TOEIC卒業のススメ】気弱リーマンがTOEIC800点取る事で得るメリット3選

 

私がTOEIC800点を取った小手先テクニックを書いた記事です。【保存版】

【気弱リーマンがTOEIC800点】取りこぼし防止向け小手先テクニック(Part2編)

【気弱リーマンがTOEIC800点】取りこぼし防止向け小手先テクニック(Part3-4編)

【気弱リーマンがTOEIC800点】取りこぼし防止向け小手先テクニック(Part5-6編)

【気弱リーマンがTOEIC800点】取りこぼし防止向け小手先テクニック(Part7編)

【気弱リーマンがTOEIC800点】試験時間を4分増やす魔法の道具を教えます

【気弱リーマンがTOEIC800点】勉強とトレーニング時間を強制的に増やす方法

 

TOEICの次はスピーキングのトレーニングが最適です。オススメ方法を記事にしました。

【いつ×どのように?】オンライン英会話レアジョブの効果的な受講方法

【英会話教室は行くな!】最速最安実用的な英語スピーキングトレーニング術

 

 

あなたの参考になれば幸いです。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました^^

 

 

 

 

▼オススメ無料教材▼

👉 詳細はこちら!!