TOEICでシャーペンを工夫して試験時間を4分増やす【800点取る工夫】
悩むボーイ

TOEICの試験時間が短い…

という悩みの解決案の一つを教えます。

 

TOEICは試験時間が短いです。私はリスニングは大忙しで、リーディングは12問残るほどいつも時間が不足していました。

 

でも、シャーペンを工夫する事で試験時間を4分多く使えるようになりました。リスニングの時間に余裕ができ、リーディングは残る問題が12問から8問に減りました。シャーペンを工夫するだけで効果があります。

 

本記事では、

TOEICでシャーペンを工夫して試験時間を4分増やす方法

を教えます

 

TOEICでシャーペンを工夫して試験時間を4分増やす

TOEIC卒業のススメ:サラリーマンが800点取る3つのメリット に書きましたが、私はTOEICの点数を上げる事が一番の目標である時期がありました。

 

高得点を取りたくて仕方がありませんでした。この時期は、私は年に7回TOEICを受けていました。目標を850点と設定しましたが、なかなか取れずに悶々としていました。

 

そんな時にたまたま文房具屋で『マークシート用シャーペン』に出会いました。

 

『マークシート用シャーペン』を使うと試験時間を4分増やす事が出来ます。

 

ステッドラー シャープペンシル 1.3mm イエロー

 

それまで文房具にこだわった事はありませんでした。TOEICの試験では嫁さんから借りたシャーペンを使っていました。

 

文房具屋でマークシート用シャーペンを見た時、過去に読んだ自己啓発本に『コントロールできる事をやりきるだけで1年後には成果が2倍になる』という記述があったのを思い出しました。

 

  • TOEICはマークシートだな
  • TOEICには文房具の制限はない
  • マークシート用シャーペンを使う事はコントロールできる

 

と思い『試しに使ってみるか』という軽いノリで購入しました。

 

TOEICで活躍するマークシート用シャーペンとは

マークシート用シャーペン は、普通のシャーペンと比べて芯が太いです。

 

普通のシャーペンの芯の太さが0.5mmであるのに対して、私が購入したこのマークシート用シャーペンの芯の太さは1.3mmです。

 

線を書くとこうなります。思ったより書きやすい印象でした。

 

TOEICで活躍するマークシート用シャーペンの使い方

TOEIC800点を取るマークシート用シャーペンの使い方は『マークシート用シャーペンでマークの上を縦に2往復させる』です。

 

『マークの縁の部分にエッジを効かせてちゃんと塗りつぶす』ような事は必要ありません。縦に2往復させるだけです。

 

私の経験上、この使い方が最も早くマークする事が可能です。ある程度の綺麗さでマークできるのでびっくりしますよ。私は『これめっちゃ良い!!』と思いました。

 

 

 

『マークシートは綺麗に塗らないと認識されないのでは?』と思うかもしれませんが問題ありません。私はTOEIC試験でこの使い方を実践し、マークシートが問題なく認識されています。

 

 

私は以前は普通の0.5mmのシャーペンを使って綺麗にマークしていました。でもこれって時間がもったいないんです。

 

マークシートは機械が解析します。マークした結果が機械に認識されれば十分です。

 

マークした結果が機械に認識される基準は『あまりに酷すぎない事』です。マークシートの塗り方の悪い例ってありますよね。あそこまで悪くなければ十分です。

 

人が見てマークしている箇所が分かればだいたい機械にも認識されます。機械をそのような仕様で作っているはずです。『人が見てマークしている箇所が明らかに分かるのに機械が認識できない』としたら問題ですから。

 

TOEIC800点を取るためには『マークシート用シャーペンでマークの上を縦に2往復させて、人間がマークしている事が分かる程度の綺麗さで塗る』事がポイントです。

 

TOEICでシャーペンを工夫すると試験時間を4分増やせる理由

TOEICはリスニング100問、リーディング100問です。

 

マークシート用シャーペンを使うと100個マークするのに2分節約できます。

 

マークシート用シャーペンを使うとリスニングとリーディングのそれぞれで問題を解く時間が2分増えます。これは私の体感と一致します。

 

(1) リスニング

マークシート用シャーペンを使うとリスニングの時間が45分から47分になったのと同じです。問題を解く時間が2分増えます。

 

リスニングはリズムが大切です。

 

  • 問題文を読む
  • 音声を聞きながら問題を解く
  • マークする

 

を繰り返します。3つめの『マークする』時間を短縮する事で次の問題の『問題文を読む』作業に合計2分多く時間を使う事が出来ます。

 

(2) リーディング

マークシート用シャーペンを使うとリーディングの時間が75分から77分になったのと同じです。問題を解く時間が2分増えます。2分あれば設問4つの問題を1つ解く事が出来ます。

 

私の例ですが、平均して12問分を解くことができませんでした。設問4つの問題が3つ残るイメージです。

 

マークシート用シャーペンを使う事で設問4つの問題を1つ多く解く事が出来るようになりました。残る設問数が平均して8問に減りました。

 

 

マークシート用シャーペンを使うと問題を解く時間が増えます。問題を解く時間が増えるとTOEICの点数を上げる事が出来ます。

 

使わないと損しますよー。

 

TOEICでシャーペンを工夫して試験時間を4分増やす【800点取る工夫】 まとめ

  • TOEICではシャーペンを工夫するだけで試験時間を4分増やせる
  • マークシート用シャーペンを使うとリスニングとリーディングのそれぞれで問題を解く時間が2分増える
  • マークシート用シャーペンを使う事はコントロールできる要素

 

マークシート用シャーペンを使う事でTOEICの点数は上がりますが、あなたの英語力は上がりませんのでご注意くださいね。

 

 

▼オススメ転職法▼

👉 詳細はこちら!!