【気弱リーマンがTOEIC800点】取りこぼし防止向け小手先テクニック(Part2編)
悩むボーイ

TOEICは上手く受験すればもう少し点数が取れそうだけど、どうすれば良いんだろう

という悩みにお答えします。

 

私は小手先テクニックだけでTOEICの点数を130点上げました(730点→860点)。英語力は変わらずに点数だけが上がった感覚です。『それずるいでしょー』という方法も含みます。

 

私は小手先テクニック推奨派ではありませんが、『あなたのライバルがTOEICの小手先テクニックを知って受験していて、小手先テクニックを知らないあなたが130点損している』のは事実です。

 

本記事を読んで小手先テクニックを知ると、あなたがこれまで取りこぼしていた点数が取れるようになります。その結果、あなたの英語力をTOEICの点数に正しく反映出来るようになります。

 

本記事では、TOEIC800点を目指す気弱リーマンのあなたに向けて

TOEICのPart2応答問題の取りこぼし防止向けの小手先テクニック

をお伝えします。

 

スポンサーリンク

小手先テクニックの前に:TOEIC Part2 応答問題とは?

TOEICのリスニングのPart2は応答問題です。

 

まず英語の質問文の音声が流れます。続けてその音声に対する3つの回答の選択肢が読み上げられます。

 

問題用紙には質問文も回答の選択肢も記載されていません。サンプル問題はこちらを参照ください。

 

Part2 サンプル問題

 

 

TOEIC Part2 応答問題に対する私の課題とアプローチ

私のとってPart2の課題は、会話の内容は何となく分かるけど設問の答えが分からない時がある事でした。

 

『どうやったら設問の答えが分かるようになるか』という点で小手先テクニックを考えました。次項より私が見つけたPart2の応答問題のコツを書きます。

 

ちなみに、TOEICのPart2はトレーニングすると一番簡単に成果が表れるPartです。私の勉強法として以下の本を使ってトレーニングしました。

 

解きまくれ!リスニングドリルTOEIC(Part1&2)[イイクフン]

 

 

小手先テクニック(1):会話の内容を理解しない

私はPart2を解く時に会話の内容を理解しようとしません。問題を解くための作業に神経を集中しています。

 

問題を解くための作業として、問題文が以下のどの種類かを判断しています。

 

  • 疑問詞による質問
  • Yes/Noで答える質問
  • それ以外

 

Part2の多くの質問は内容を理解しないでも解けます。逆に、内容を理解しても質問のポイントを押さえていないと正答はできません。

 

質問のポイントとしてまず上記の3種類の分類は必須です。

 

次項より私が見つけたPart2の応答問題のコツを書きます。

 

 

小手先テクニック(2):疑問詞による質問

どの疑問詞が使われているのかを聞きます。

 

Part2では疑問詞を絶対に聞き逃してはいけません。集中して聞いてください。

 

  • When do you go for lunch?
  • Where do you go for lunch?

 

で意味が全く違います。WhenかWhereかを聞き逃すと回答が出来ません。逆に、疑問詞さえ聞き取れれば多くの場合回答出来ます。

 

Whenだったら”Around noon”のような時間を示す回答、Whereだったら”ABC restaurant”のような場所を示す回答となります。

 

 

小手先テクニックとして、特に覚えておくと良い疑問詞があります。”Which” です。

Which one is the key to the main office?

 

(A) I’ll show you how to get there.

(B) The big one.

(C) I’ll give you a key.

 

Whichを使った疑問文に対する回答は、具体的な対象を言及して答える必要があります。具体的な対象を言及しているという観点で(B)を選択できます。

 

Whichだけ聞き取れれば正しく回答できる事がポイントです。

 

 

小手先テクニック(3):Yes/Noで答える質問

Part2で、Yes/Noで答える質問にはひっかけ問題が多い印象があります。

 

Can I borrow your camera?

 

(A) I think I will.

(B) No, it isn’t.

(C) Of course.

 

No と回答している(B)が正解と思いきや、(C)が正解です。自然な英語は(C)です。

 

この辺はフレーズを知っているかどうかという実力勝負の所です。ただ、このようなひっかけ問題がある事を知っていると心の準備が出来ます。

 

 

それ以外の質問

ここは実力勝負です。

 

I’m not sure I can carry all these books myself.

 

(A) Wait, I’ll give you a hand.

(B) Add them together.

(C) I think it will fit in the box.

 

「この本全部を1人で運べるか分かりません。」というコメントに対して「待って、手伝います」と言ってる(A)が正解です。

 

このような普通の会話には小細工はなく実力勝負しかありません。

 

 

【気弱リーマンがTOEIC800点】取りこぼし防止向け小手先テクニック(Part2編) まとめ

  • 内容を理解しようとする必要はありません
  • 疑問詞が付く質問は「疑問詞」だけを聞きましょう(“Which”はチャンス問題です)
  • Yes/Noで答える質問はひっかけ問題が多い事を認識してください

 

小手先テクニックを駆使して点数の取りこぼしを防ぎ、あなたの英語力を正しくTOEICの点数に反映してください。

 

TOEICのPart2はトレーニングの効果が最も出るPartです。私はこの本で大量のトレーニングをして効果を実感しました。オススメです。

 

解きまくれ!リスニングドリルTOEIC(Part1&2)[イイクフン]

 

 

気弱リーマンがTOEIC800点を取るメリットを書いた記事です。

【TOEIC卒業のススメ】気弱リーマンがTOEIC800点取る事で得るメリット3選

 

私がTOEIC800点を取った小手先テクニックを書いた記事です。【保存版】

【気弱リーマンがTOEIC800点】取りこぼし防止向け小手先テクニック(Part2編)

【気弱リーマンがTOEIC800点】取りこぼし防止向け小手先テクニック(Part3-4編)

【気弱リーマンがTOEIC800点】取りこぼし防止向け小手先テクニック(Part5-6編)

【気弱リーマンがTOEIC800点】取りこぼし防止向け小手先テクニック(Part7編)

【気弱リーマンがTOEIC800点】試験時間を4分増やす魔法の道具を教えます

【気弱リーマンがTOEIC800点】勉強とトレーニング時間を強制的に増やす方法

 

TOEICの次はスピーキングのトレーニングが最適です。オススメ方法を記事にしました。

【いつ×どのように?】オンライン英会話レアジョブの効果的な受講方法

【英会話教室は行くな!】最速最安実用的な英語スピーキングトレーニング術

 

 

あなたの参考になれば幸いです。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました^^

 

 

 

 

▼オススメ無料教材▼

👉 詳細はこちら!!