悩むボーイ

TOEICは上手く受験すればもう少し点数が取れそうだけど、どうすれば良いんだろう

という悩みにお答えします。

 

私は小手先テクニックだけでTOEICの点数を130点上げました(730点→860点)。英語力は変わらずに点数だけが上がった感覚です。『それずるいでしょー』という方法も含みます。

 

私は小手先テクニック推奨派ではありませんが、『あなたのライバルがTOEICの小手先テクニックを知って受験していて、小手先テクニックを知らないあなたが130点損している』のは事実です。

 

本記事を読んで小手先テクニックを知ると、あなたがこれまで取りこぼしていた点数が取れるようになります。その結果、あなたの英語力をTOEICの点数に正しく反映出来るようになります。

 

本記事では、TOEIC800点を目指す気弱リーマンのあなたに向けて

TOEICのPart5-6短文長文穴埋め問題の取りこぼし防止向けの小手先テクニック

をお伝えします。

 

スポンサーリンク




小手先テクニックの前に:TOEIC Part5-6はどんな問題か?

TOEICのPart5-6 は短文穴埋め問題と長文穴埋め問題です。

 

問題文と選択肢は問題文に印刷されています。サンプル問題はこちらを参照ください。

 

Part5 サンプル問題

Part6 サンプル問題

 

 

TOEIC Part5-6 は小手先テクニックの前に英語の基礎力が必須

Part5-6はある程度の英語の基礎力が必要です。不足している方は勉強しておいてください。

 

私が使ったTOEIC向けの本を紹介します。

 

新TOEICテスト出まくり英文法 短期決戦の特効薬![英語工房]

TOEICテスト出まくりキーフレーズ 短期決戦の特効薬![英語工房]

解きまくれ!リーディングドリルTOEIC(Part5&6) [イ・イクフン]

 

 

TOEIC Part5-6 短文長文穴埋め問題に対する私の課題とアプローチ

私のとってPart5-6の課題は、Part5-6で時間を使ってしまいPart7を解く時間が少なくなってしまう事でした。

 

『どうやったらPart7の時間を確保しつつPart5-6の正答数を上げるか』という点で小手先テクニックを考えました。

 

次項より私が見つけたPart5-6の文法問題のコツを書きます。

 

 

小手先テクニック(1):タイムプレッシャーを掛ける

Part5-6を解く時間を限定します。

 

私の場合は30分に設定します。私の英語力ではこの時間でPart5-6全ての問題を解く事は出来ません。タイムプレッシャーが掛かる設定です。

 

さらにリーディング75分の最初の45分をPart7に使います。こうする事で強制的にPart5-6に30分しか使えない環境になります。

 

この2つの対策で、自分にタイムプレッシャーを掛ける事ができます。

 

タイムプレッシャーを掛けると生産性が上がります。人間は追い込まれたら力を発揮できます。

大切な事はBetter in Timeを目指す事です。時間内でどうやったら効率的に解くことが出来るかを考える事です。

 

Part7に時間を使うためにPart5-6を犠牲にしている部分がありますが、リーディング75分をトータルで見ると効率が上がります。

 

 

小手先テクニック(2):全文を読まない

全文を読まずに解ける問題は一瞬でマークしてしまいます。

 

構文を見るだけで解くことが出来る問題があります。その場合は文章を全部読まないで即座にマークしてください。

 

サンプル問題で説明します。

Due to the fact that the embassy is closed on Monday, it may take several days for inquiries to receive a ______.

(A) respond  (B) responding  (C) responded  (D) response

 

a と付いているので名詞です。したがって答えは(D)です。回答の判断までに使う時間は約1秒です。

 

At the end of this month, Chevron Shipping Company will need to consider ______ their supply contract.

(A) renegotiate  (B) renegotiating  (C) renegotiated  (D) to renegotiate

consider には動名詞(-ing)が続きます。これを知っていれば considerだけ見て回答が出来ます。答えは(B)です。回答の判断までに使う時間は約2秒です。

 

 

文章を全部読まない事がポイントです。分かったら即座にマークしてください。

 

上記のような即答できる設問に使う時間はマークする時間を入れて約5秒です。空いた時間を他の設問に使います。

 

構文だけで分からない問題は仕方がないので全文を読んで解きます。

 

 

小手先テクニック(3):分からなかったらすぐに諦める

穴埋め問題は考えても解けません。知っているかどうかが全てです。

 

「分からないな」と思ったら適当にマークして次の問題に切り替えます。

 

サンプル問題で説明します。

A new government study shows that agricultual exports have been going up for twelve _____ years.

(A) consistent  (B) alternating  (C) consecutive  (D) consequent

 

このような単語の意味を問う問題は難易度が高いです。

 

まず、文章を理解する必要があります。「政府の新しい報告書によると、農産物輸出は12年連続で上昇している。」です。

 

次に、選択肢の単語の意味を理解する必要があります。「consistent(一貫した)、alternating(交差した)、consecutive(連続した)、consequent(結果として発生する、当然の)」です。

 

この2つが揃って初めて正解の(C)を導けます。

 

逆に、文章が理解できなかったり単語が知らなかったりする場合は、いくら考えても解けません。潔く諦めて適当にマークして次の問題に移ってください。

 

諦める判断までの時間の目安は30秒です。30秒経過して分からない場合は諦めましょう。

 

 

【気弱リーマンがTOEIC800点】取りこぼし防止向け小手先テクニック(Part5-6編) まとめ

  • タイムプレッシャーを掛ける時間設定にする
  • 全文を読まないで答える
  • 分からなかったらすぐに諦める

 

が、取りこぼし防止向けの小手先テクニックです。Part5-6は英語の基礎力が必要ですので最低限の勉強はしてくださいね。

 

私は以下の本を利用して成果を出しました。オススメです。

新TOEICテスト出まくり英文法 短期決戦の特効薬![英語工房]

TOEICテスト出まくりキーフレーズ 短期決戦の特効薬![英語工房]

解きまくれ!リーディングドリルTOEIC(Part5&6) [イ・イクフン]

 

小手先テクニックを駆使して点数の取りこぼしを防ぎ、あなたの英語力を正しくTOEICの点数に反映してください。

 

 

気弱リーマンがTOEIC800点を取るメリットを書いた記事です。

【TOEIC卒業のススメ】気弱リーマンがTOEIC800点取る事で得るメリット3選

 

私がTOEIC800点を取った小手先テクニックを書いた記事です。【保存版】

【気弱リーマンがTOEIC800点】取りこぼし防止向け小手先テクニック(Part2編)

【気弱リーマンがTOEIC800点】取りこぼし防止向け小手先テクニック(Part3-4編)

【気弱リーマンがTOEIC800点】取りこぼし防止向け小手先テクニック(Part5-6編)

【気弱リーマンがTOEIC800点】取りこぼし防止向け小手先テクニック(Part7編)

【気弱リーマンがTOEIC800点】試験時間を4分増やす魔法の道具を教えます

【気弱リーマンがTOEIC800点】勉強とトレーニング時間を強制的に増やす方法

 

TOEICの次はスピーキングのトレーニングが最適です。オススメ方法を記事にしました。

【いつ×どのように?】オンライン英会話レアジョブの効果的な受講方法

【英会話教室は行くな!】最速最安実用的な英語スピーキングトレーニング術

 

 

あなたの参考になれば幸いです。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました^^

 

 

オススメ無料教材

 

会社困る人

会社で成果を出して給料を上げたい

ホワイト企業に転職したい

サラリーマンを続けつつ副業で稼ぎたい

というあなたにオススメの無料教材があります!

 

すぐにはサラリーマンを辞めて起業するリスクが取れない『気弱な人 (これ、私の事です)』が転職と副業を組み合わせる事で無理なくサラリーマンを卒業する方法を学ぶ事ができます。しかも【無料】です。

 

▼詳細はこちらから▼

 

 

気弱リーマンが月収10万円増やした方法の紹介ページへ