普通のゴルフ練習場でバンカー練習する方法【気弱サラリーマンの100切り講座】
会社困る人

バンカーの練習が出来ない

という悩みにお答えします。

 

最短でバンカーショットを上達する方法は、ゴルフ場のバンカーでコーチに付き添ってもらい一日中打ち続ける事ですが、そのような機会は普通の社会人にはありません。

 

でも工夫すれば普通のゴルフ練習場でバンカー練習ができます。私はこの練習方法で、大の苦手だったバンカーを克服する事が出来ました。

 

本記事では、

ゴルフ練習場でバンカー練習する方法

をお伝えします。

 

参考文献

本記事を書くために参考にした本を紹介します。クオータ理論を提唱している桑田泉プロのマンガレッスンです。マンガなので読みやすいです。

 

普通のゴルフ練習場でバンカー練習するための前提と基礎知識

まず、前提と基礎知識を書きます。

 

前提

本記事ではガードバンカーにおけるバンカーショットを想定しています。ガードバンカーとはグリーンの周りにあるバンカーです。

距離を稼ぐ必要はなく、確実に脱出してグリーンオンする事が要求されます。

 

基礎知識

普通のアイアンショットはクラブヘッドとボールが直接接触します。

それに対してバンカーショットは、クラブヘッドとボールが直接接触しません。クラブヘッドは砂を介してボールを動かします。

これをエクスプロージョンショットと呼びます。

 

普通のゴルフ練習場でバンカー練習する方法

普通のゴルフ練習場でバンカー練習をする方法です。

 

  • サンドウェッジのクラブヘッドを限界まで開く
  • 左を向いてアドレスする
  • フルスイングする
  • ボールを直接打つ(赤道部分を打つ感覚)

 

↓↓↓こんなイメージです↓↓↓

 

時計で例えると、2時の方向にヘッドを向けて、10時の方向に振る感覚です。これで20ヤードぐらいしか飛ばなければ成功です。

 

ボールは直接赤道部分を打ちます(重要なので再掲)。最初はなかなか当たらないかもしれませんが、勇気を持ってフルスイングで赤道にインパクトしてください。

 

ボールはかなり高く飛びます。ゴルフボールってこんな高い角度に飛ぶの?と思うぐらい高い角度で飛びます。練習場の天井に当たるかもしれないので注意してください。

 

ボールはスイングの方向よりもかなり右に飛ぶので、必ず左を向いてアドレスして打ってください。打球が隣の人にぶつかってしまうかもしれないからです。

 

無理なくインパクト出来るよるようになったら、スイング方向とフェースの向きを少しずつ変えてみてください。ボールが直進する組合わせがどこかで見つかります。

 

このくらいクラブヘッドを開いてこのくらい左を向いてフルスイングするとボールはまっすぐ20ヤードぐらい飛ぶ、という感覚を体にしみこませてください。

 

以上が、私が紹介するバンカーショットの練習方法です。実戦では少し違う打ち方をしますので次項で説明します。

 

バンカー練習の成果を実戦で応用する

バンカー練習の成果を実戦で応用する場合の打ち方とマインドを書きます。

 

打ち方

実戦では練習と少し違う打ち方をします。

 

練習場ではボールを直接打ちましたが、実戦では、ボールの2センチ手前の砂を打ってください(エクスプロージョンショットを打ってください)。

 

↓↓↓ここを打つイメージです↓↓↓

 

『ボールの2センチ手前を売ってください』とアドバイスするとたいていの人は10センチぐらい手前の砂を打ちます。

 

2センチというと思ったより短いです。ボールの直下を打つぐらいの感覚で良いです。

 

スイングはフルスイングです。フルスイングしないと、バンカーから脱出できない可能性があります。

 

これでだいたい距離は7ヤードぐらい飛びます。高い軌道のきれいなバンカーショットが打てますよ。

 

マインドの持ち方

あなたは練習場で、フルスイングしても20ヤードぐらいしか飛ばない、という経験をしています。

 

もしミスショットをしてクラブヘッドとボールが直接当たってしまっても20ヤード以上は飛びません。

 

これが最悪値です。最悪値の傷が浅い事を知り安心してフルスイングしてください。

 

参考

お助けToolとして、社会人ゴルフではこういうバンカー専用クラブを使うのも全然アリですよ。
【頑固な目玉も一発成功】 シャロップ サンド(バンカー専用ウェッジ) *ロフト60°70°

 

バンカー練習の成果をバンカー以外で使う

この打ち方はバンカーショット以外のシチュエーション、例えばラフやフェアウェイからのショットでも使えます。

 

『バンカー越えで砲台グリーンに向けて打つショット』『残り距離が20ヤード』のような場合は練習場と同じように直接ボールを打つ事も可能です。

 

かなり高い球が飛ぶので、同伴者に驚かれるかもしれません。

 

でもあなたは練習場で何度も実行したショットなので自信をもって打てるはずです。確実にあなたの引き出しの一つになっていますよ。

 

注意点として、普通にアプローチを打てる時はこの引き出しを使わない方が良いです。普通にアプローチした方が成功する確率が高いですからね。

 

普通のゴルフ練習場でバンカー練習する方法【気弱サラリーマンの100切り講座】 まとめ

  • 練習では、サンドウェッジのフェースを限界まで開いて、左を向いてアドレスし、フルスイングでボールの赤道部分を打ちます
  • 実戦では、2センチ手前の砂を打ちます

     

    転職を考えているあなたへ

    今すぐ転職する気がなくても転職サイトに登録しておいた方が良いです。

    なぜなら、いざ『転職しよう』と思った時には精神的ストレスはかなり高くなっており、その時には転職サイトに登録する気力すら無くなってしまうからです。

    まだ余裕のあるうちから常に求人情報を仕入れて気になる求人情報をストックしておけば『転職という選択肢』を作る事ができます。そうすれば、過労で倒れたり精神疾患を患う前に『転職という選択肢』を実行できます。

    転職サイトは登録無料です。あなたの条件にあった新規求人や転職可能なおすすめ求人がメールで届くので、今は転職できなくても登録しておくのが良いです。

    優良な求人情報が集まる転職サイトのオススメは以下の2つです。

    ビズリーチ

    ハイクラスに特化した会員制転職サイトです。会員数94万人超・企業数6700社超で国内最大級です。会員制なのであまり見かけない非公開求人やポジションも多数あります。あなたが職務経歴書を登録するとヘッドハンターと国内外の優良・成長企業が直接スカウトします。

    GeekOut

    転職のプロからのオファーなど『いいところがあったら転職したい』エンジニアのための転職サービスです。登録するだけで自分の興味がある求人情報をフィードで手軽に見ることができるので、転職意志がなくても、まずは情報収集をしたいという方にオススメです。


    ビズリーチ と GeekOut は強みが異なるので、2つ登録しておく事でシナジー効果が得られます。

     

    ▼オススメ無料教材▼

    👉 詳細はこちら!!