【扇風機の効果的な使い方】部屋をもっと涼しくする方法
悩むボーイ

夏に部屋を効率的に涼しくしたい

という悩みを扇風機を使って解決します。

 

夏場の風呂上がりには扇風機は必須の道具です。扇風機の風を顔にあてると気持ちいいですよね。でも、扇風機にはそれ以外にも部屋を涼しくするための効果的な使い方があるんです。

 

本記事では、

扇風機の効果的な使い方

をお伝えします。

 

スポンサーリンク

使い方の前に:扇風機が出来る事

扇風機は、回転する羽根によって風を発生させる機器です。扇風機は気温や体温を変化させる機能を持っていませんが、他の条件と組み合わせて使う事で気温や体温を下げることを加速出来ます。

 

例えば、風呂上がりに扇風機で風を吹き付けると体温が下がります。扇風機が体温よりも低い空気をあなたに吹き付ける事によって、あなたの体温を下げる事を加速するのです。

 

これを踏まえて、扇風機の効果的な使い方を紹介します。

 

 

扇風機の効果的な使い方(1):窓際またはドア付近に扇風機を置く

部屋の中よりも外の方が気温が低い場合に有効です。

 

夏の昼間は、部屋の中に空気がこもって暑くなるので部屋の外の方が涼しい事が多いです。扇風機を使って、外の空気を中に取り込み、中の空気を外に出す事で部屋の中の気温を下げます。

 

扇風機を窓際またはドア付近に置く事で空気の入れ替えを加速します。

 

扇風機を向ける方向は、外向き・中向きのどちらでも良いです。外に空気を出すと外から中へも空気が入ります。中に空気を入れると中から外へも空気が出ます。どちらの場合も空気の入れ替えを加速できます。

 

 

扇風機の効果的な使い方(2):エアコンの風が届く場所に置いて少し上を向ける

エアコンと一緒に使う時は、扇風機で部屋の中の空気を対流させる事でエアコンの効果を加速します。

 

冷たい空気は下に、暖かい空気は上に溜まるので、上下方向に空気を対流させることが効果的です。

 

エアコンが出す冷たい空気が届く所に扇風機を置き『扇風機を少し上を向ける』『エアコンの風と直角の方向に向ける』と、部屋の空気を効率的に対流できます。

 

冷たい空気を対流させる事で、部屋全体の空気の温度を平均化するスピードを上げる事が出来ます。

 

 

扇風機の効果的な使い方(3):冷たいものに向かって風をあてる

氷、冷やしたペットボトル、などをおいて、そこに向かって扇風機で風を発生させると冷たい空気を対流させることができます。

 

冷却された空気に向かって風を発生させて、冷たい空気を対流させることで部屋全体の気温を下げるスピードを加速します。原理はエアコンと一緒に使う場合と同じです。

 

 

扇風機の効果的な使い方(4):寝るときは風を体に直接あてない

寝るときには扇風機の風を体に直接あてないようにしましょう。長時間扇風機を直接体に当てると体が冷えすぎてしまう可能性があります。

 

寝るときは、部屋全体の空気を対流させるために扇風機を利用します。扇風機の、首ふりモードやそよ風モードのような機能を利用するのが良いです。

 

 

私が愛用しているこちらの扇風機は多機能で重宝しています。少し高額ですがコスパも高いです。

 

バルミューダ グリーンファン EGF-1600

 

 

扇風機の効果的な使い方(5):2台を組み合わせる

部屋の空気の対流をより加速できます。空気の流れを意識して、2台の扇風機を別々の方向に向ける使い方が効果的です。例えば、

 

  • 1台は部屋の右側に設置
  • もう1台は部屋の左側に設置し、1と反対向きに送風

 

のような使い方です。

 

 

扇風機の効果的な使い方(6):キッチンでの熱中症対策

夏場のキッチンは思ったより気温が上がります。『料理中の短時間だけだから』と油断すると熱中症になりやすいので気を付けてください。

 

対策として、料理中だけで良いので キッチンの入り口に扇風機を置いて空気を対流させる のが効果的です。扇風機の向きはどちらでも構いません。

 

実際にやってみると、キッチンから熱風が吹いてくる事に驚きますよ。是非試してみてください。

 

熱中症予防の情報をこちらにまとめましたので参考にしてください。

 

 

扇風機の応用的な使い方:湿度を下げる・気温を上げる

扇風機を他の条件と組み合わせて使う事で気温や体温を下げる事が可能です。これを応用すると『湿度を下げる』『気温を上げる』ために扇風機を使う事も出来ます。

 

湿度を下げる

部屋干しの洗濯物の周りは湿度が高いです。扇風機を使って部屋全体の空気を対流させて湿度の高い空気を湿度の低い空気と交換する事で洗濯物の乾きを加速できます。

 

梅雨時の湿度が高い時期に扇風機を除湿器と一緒に使うのも効果的です。原理は気温を下げるときと同じで、除湿器で部屋の湿度を下げて、扇風機で部屋の空気を対流します。

 

気温を上げる

扇風機は冬も使えます。暖房と一緒に使う事で、気温を上げる事を加速できます。

 

暖房で部屋の温度を上げて扇風機で部屋の空気を対流します。暖かい空気は上にたまるので上下の空気の対流が効果的です。扇風機を上に向けてください。

 

この使い方は一つ問題点があります。冬に扇風機を設置すると家族から冷たい目で見られます。我が家では、

 

嫁

えっ!?頭おかしくなったの?

セパ課長セパ課長

扇風機にはこういう使い方もあるんだよ

 

というやり取りがありました、笑。

 

でも私の体験では間違いなく効果があります。家族の視線に負けずに試してみてくださいね。

 

 

【扇風機の効果的な使い方】部屋をもっと涼しくする方法 まとめ

  • 窓際に扇風機を置く
  • エアコンの風が届く場所に扇風機を置いて少し上を向ける
  • 冷たいものに向かって風をあてる
  • 寝るときには扇風機の風を体に直接あてない
  • 扇風機を2台使う
  • キッチンでの熱中症対策に扇風機を使う

 

ことで、部屋を効果的に涼しくすることができます。

 

私が愛用しているこちらの扇風機は多機能で重宝しています。少し高額ですがコスパも高いです。

 

バルミューダ グリーンファン EGF-1600

 

 

あなたの参考にして頂けますと幸いです。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました^^

 

 

 

 

▼オススメ無料教材▼

👉 詳細はこちら!!