夏のゴルフの服装:暑さをナメたらアカンです!【昼休みに着替えてますか?】
会社困る人

夏のゴルフの服装で気にする事はあるかなぁ?

という悩みにお答えします。

 

夏のゴルフ場は本当に暑いです。油断すると体調を崩しますし最悪の事態もあり得ます。意識して対策してください。

 

この記事を読むと『夏ゴルフで体調を崩さないための服装・快適にプレーするための服装・同伴者に迷惑を掛けないための服装』を理解する事ができます。

 

本記事では、

夏にゴルフをする場合にどのような服装をすれば良いか

をお伝えします。

 




夏ゴルフの服装:インナーシャツを着る

半袖シャツの内側にインナーシャツを着ましょう。

 

夏だからといって薄着であるほど良いというのは間違いです。夏は大量の汗をかきます。2リットルのペットボトルを飲んでも一度もトイレに行かなくて良いぐらいの汗をかきます。

 

汗を吸い込んで素早く蒸発させるためにインナーシャツを着るのが良いです。インナーシャツは体に密着するものがより機能的です。

 

長袖のインナーシャツを着る場合は、確実に「夏用」のものを選んでください。普通の長袖のインナーを夏に着ると暑くて熱中症になるので注意してください。

 

衿付きとインナーの2つのシャツの素材はポリエステルなどの速乾性のものを選んでください。綿素材は乾かないので避けてください。

 

夏ゴルフの服装:速乾性の素材のズボンを履く

夏はズボンも汗でびっしょりになります。インナーシャツと同様に、ズボンもポリエステル素材などの速乾性のものを選んでください。

 

夏のゴルフの服装として『ズボンは何でも良い』という人がいますが、速乾性の素材のズボンを履くと快適にプレーできます。

 

夏に冬用のズボンを履いて1ラウンドプレーしたら、ズボンを履いたままプールに入ったぐらいに汗まみれになりました。ダイエット以外の目的ではやめた方が良いです。

 

夏ゴルフの服装:下着の着替えは2着

  • インナーシャツ
  • (下着の)パンツ
  • 靴下

 

はそれぞれ2着持って行くのが良いです。昼休みに1回、プレー後に1回着替える事を想定しています。

 

昼休みにも着替えるのがポイントです。前半のプレーだけでも大量の汗をかきます。一度着替えると気持ちよくプレーできます。

 

昼食前に着替えると昼食の注文で同伴者を待たせてしまうので、昼食後に少し早めに席を立ってロッカーに行き着替えるとスムーズです。

 

夏ゴルフの服装:キャップで頭部を守る

夏ゴルフでは必ずキャップをかぶってください。

 

夏ゴルフでキャップをかぶらないのは絶対にやめてください。熱中症などで体調を崩す危険があります。大げさではありませんのでご注意ください。

 

サンバイザーよりキャップを選んでください。サンバイザーは頭部がかなり熱くなります。キャップの方がより耐熱効果が高いです

 

私は普段は帽子をかぶりませんが夏のゴルフでは必ずキャップをかぶります。夏の日差しは強いです。春や秋とは違う事を意識して服装を選んでください。

 

 

夏ゴルフの服装:日焼け止めは必須アイテム


夏のゴルフに日焼け止めは必須です。厳密には服装ではありませんが、広義には服装に入れてもよいと思うのと重要なので書きます。

 

日焼けをすると体力を消耗します。熱中症などで体調を崩さないための対策として体力の消耗を減らす必要があります。

 

もしゴルフ場に持参するのを忘れた場合は移動中にコンビニ等で購入してください。それぐらい重要です。

ホワイトヴェール(秋冬)

 

夏ゴルフの服装:ネッククーラーで首を冷却

首を冷やす事は熱中症対策に効果的です。

 

夏のゴルフ場は本当に暑いです。濡らした布を首に配置するだけで体温を下げる事が出来ます。水が蒸発するときの気化熱で首周りの温度が下がります。

 

『タオルを首にかけてプレーするのはマナー違反』という人がいます。私は、熱中症対策にタオルを使うのは良い事と思いますがマナー違反と言う人がいる以上やめた方が良いです。

 

そこで、ネッククーラーを用意していくことをお薦めします。こんなものです。

 

ビズクールM 濡れない、巻かないネッククーラー ポリマーと東レの透湿防水布の効果でさらりと冷却

 

実際にネッククーラーをつけて夏ゴルフをやってみましたが非常に効果的でした。首から上の気温が2-3度下がった感覚です。費用対効果が高いので是非お薦めします。

 

夏ゴルフの服装:サングラスは場面に応じて

サングラスは日の出や日の入り前後の時間に日差しがまぶしい中でプレーする場合にはあった方が良いアイテムです。夏のゴルフでも必要です。

 

夏は昼間が暑いので、比較的涼しい早朝や薄暮にプレーを行う事があります。その際は太陽の光が気になりますのでサングラスが活躍します。

 

夏ゴルフの服装:虫刺され対策

虫よけスプレー

肌につけるタイプの虫よけスプレーをつけてください。

経験的にゴルフ場の蚊は強力です。虫よけだけで対策できるならその方が絶対に良いです。

 

また、ブヨに噛まれると1-2週間強いかゆみと腫れがひかなくなります。皮膚科でもらった最高レベルのかゆみ止めも効きませんでした。かなりきついです。

 

私は自宅にジェルタイプの虫よけを常備しています。スプレーよりもきめ細かく濡れるので便利ですよ。

 

プレシャワーDF お肌の虫よけ プレシャワーDF ジェル 無香料(60g)【プレシャワー】

 

ウェアの色

薄い色、出来れば白が良いです。

 

蚊は濃い色に集まります。淡い色のウェアを着ると蚊に刺される事を予防できます。濃い色のウェアを着ると蚊が寄ってきますのでご注意ください。

 

長ズボン

暑さと虫よけのどちらを優先するかにもよりますが、どうしても虫よけを優先したい場合は長ズボンをはく、という選択肢もあります。

 

上で書いたように、その場合はポリエステル素材のものを選んでくださいね。

 

夏ゴルフの服装:臭いを抑えろ!

同伴者に体臭が非常にきつい人がいたらあなたはどうしますか?

 

夏なのである程度の汗臭さは仕方ないです。私も学生時代は体育会系の部活動をやっていたので、汗の臭いには寛容です。ここでは 非常にがポイントです。

 

私は過去に自分のプレーに影響が出るほど、というかプレーをやめて早く帰りたいと思うほどの経験をした事があります。

 

申し訳ないのですが、その方とは夏にゴルフをご一緒するのを避けています。同時に、私も体臭に気を付けるようにしました。

 

臭いは服装と小道具である程度対策出来ます。以下に簡単にできる対策を書きます。

 

制汗剤

ドラッグストアやコンビニで売っているもので十分です。プレー前と昼休みに脇と首に塗るか吹き付けておくだけで良いです。

 

無臭のものがお薦めです。制汗剤の臭いが強すぎると逆に不快に思う人もいますので。

 

シャツを着替える

あなたが気持ちよくプレーするためにはもちろん、同伴者に迷惑を掛けないためにも、昼休みにはシャツを一度着替えてください。

 

特にインナーシャツは必ず着替えてください。出来ればアウターの袖付シャツも着替える事をお薦めします。

 

タオルで汗を拭く

頭や首の汗、インナーシャツの汗をタオルでふき取ります。これだけでも乾いた時の臭いに差が出ます。

 

『なんだ、これだけか』と思われるかもしれませんね。

 

でも同伴者の立場で言わせてもらうと これぐらいはお願いだからやって欲しい と思うわけです。『このスプレーを使ってくれませんか?』なんて言えないですから。

 

小物多くない?に対する考え方

ここまで読んで、日焼け止めを塗って、虫よけスプレーをかけて、制汗剤をかけるのは少し大げさでは?と思われるかもしれませんね。

 

でもこれ、難しい事でも大変な事でもないです。買って塗るだけです。それを3回やるだけです。これで快適にゴルフが出来ます。

 

小物を買うコストと準備に掛かる時間を費用として上記の効果を得られるとすると、費用対効果が高いです。

 

たましかプレーできない大好きなゴルフです。体力を余計に消耗したり、同伴者に疎まれたり、ゴルフ後に皮膚科に通ったりする方がデメリットが大きいです。

 

やらないのはもったいないですよ。

 

夏のゴルフの服装:暑さをナメたらアカンです!【昼休みに着替えてますか?】まとめ

  • インナーシャツと速乾性のズボンを着る
  • 下着の着替えを2セット用意する
  • キャップで頭部を守る
  • 日焼け止めとネッククーラーを準備する
  • 虫よけ・制汗剤