ハロウィンって何?

って思いました。

 

 

本記事では、

ハロウィンはいつから日本で流行したのか、それはどのようなビジネス的な思惑があったのか

についての一考察をお伝えします。

 

スポンサーリンク




ハロウィンって何?

2000年頃に私はアメリカのとある田舎街でホームステイをしました。私の誕生日は10月です。その事をホストファミリーに伝えると「ハロウィンの近くだね」と言われました。

 

その時の私の感想は「ハロウィンって何?」でした。

 

正確に言うと、私がハロウィンについて全く知らない訳ではありませんでした。でも、私にとってハロウィンは全く身近なものではありませんでした。日本にいてハロウィンの日(10月31日)に何かの行事を行った経験はありませんでした。さらに言うと、ハロウィンの日に何かの行事を見た事すらありませんでした。当然ながら、日本にいるときに「君の誕生日はハロウィンの近くだね」と言われた事は一度もありませんでした。という意味で非常に印象に残った一言でした。

 

 

ハロウィンが身近なものではなかった事を説明する良いイベントがないかなぁと考えてみました。見つけました。ホーリーです。私はホームステイをした翌年の3月にインドに旅行に行きました。3月にインドやネパールで行われるホーリーというお祭りがあります。「せっかくだから」と現地の人と一緒に楽しませて頂きましたが、「ホーリーって何?」って思ってました。ホーリーって何となく聞いた事ありますよね?でも日本で3月生まれの人が「君の誕生日はホーリーの近くだね」と言われる事はほとんどないと思います。

 

 

ホーリーの体験談を記事にしました。

ホーリーというインドのお祭りに参加するとこうなります。若い人向け。

 

 

あくまで当時の私の経験と感情ですが、ハロウィンとホーリーの知名度は同じぐらいでした。それぐらいハロウィンはマイナーなイベントでした。ハロウィンがマイナーだった事は恐らく多くの方が共感頂けるのではないかと思います。

 

 

ハロウィンはいつから日本で流行したのか

ハロウィンが日本で流行し始めたのは2010年頃からと私は考えています。

 

「ハロウィン」の検索数の傾向

こちらはGoogle トレンドで「ハロウィン」で検索した結果のグラフです。

 

 

2010-2011年頃から「ハロウィン」の検索件数が増えています。2010年と2017年を比較すると約4倍に増えています。

 

 

Googleの検索数自体が増えているのでこのデータだけでは考察は出来ません。正規化するために「クリスマス」と比較します。こちらはGoogle トレンドで「クリスマス」で検索した結果のグラフです。

 

 

2010年と2017年を比較すると約2倍に増えています。クリスマスは継続した知名度のイベントだったと考え、2010-2017年でGoogle検索における全体の検索数が2倍になったと仮定します。

 

つまり、標準的な単語(クリスマス)と比べて「ハロウィン」の検索数はここ7年で2倍に増えていると言えます。

 

私の肌感覚

「ハロウィンが日本で流行し始めたのは2010年頃から」は、私の肌感覚と一致しています。私も2010~2011年頃から日本(世間)が「ハロウィン」と騒ぎだしたなぁと感じていました。

 

外国人の肌感覚

「ハロウィンが日本で流行し始めたのは2010年頃から」は、実は日本だけではないんです。私は仕事で外国人と話をする機会があります。サンプルは少ないですが、中国、韓国、フランス、スウェーデン、インドの方と「いつハロウィンが流行り始めたか」という話をするとみんな口をそろえて2010年頃と言います。

 

 

これら3つの一致は偶然ではないような気がしますね。私はハロウィン流行には世界規模のビジネス的な思惑があったと考えています。

 

 

ハロウィン流行にはどのようなビジネス的な思惑があったのかの考察

「ハロウィンが日本で流行し始めたのは2010年頃から」とするとなぜでしょうか?私の考察を書きます。

 

2010年頃に世界経済を盛り上げる必要があったから

 

と私は考えています。

 

 

世界的なビジネスを生み出せば世界経済全体が底上げされます。世界的な雇用も回復します。では、なぜ世界経済全体を底上げする必要があったか。それは2008年のリーマンショックが関連していると考えています。リーマンショックが発生し世界経済が停滞している頃、一部の人が「ハロウィンを世界的なイベントにして儲けよう」と考えて世界展開したのです。

 

 

私の友人でマスコミ関係の人がいるのですが、その人は「盛り上げるためにメロンパンでも流行らせるか」と一部の地域を盛り上げる事に成功しています。そんなノリで「盛り上げるためにハロウィンでも流行らせるか」と考えて行動した人が絶対にいると考えています。

 

 

日本に限って言うと、10月頃って何もイベントがないんです。ブルーオーシャンだったわけです。10月は私の誕生日ですが、何のイベントとも被った事ないですから。

 

 

「ハロウィンでも流行らせるか」と考えて行動した人達、素晴らしいアイデアと行動です。何もない所から価値を作り上げたわけです。雇用を創出したわけです。結果として世界経済が回復したわけです。(全ての要因がハロウィンではありませんが、一役買っているはずです) その人達は超絶儲かったと思いますが、結果として全世界に価値を与えています。それで良いわけです。

 

 

世界経済が低迷している時に、それまで眠っていた「ハロウィン」というビジネスの可能性が花開き、日本および世界的にハロウィンが流行した、と考えています。

 

 

ハロウィンはいつから日本で流行した?ビジネス的に考えます。まとめ

  • 「ハロウィンって何?」って思うほどハロウィンはマイナーなものでした。
  • ハロウィンが日本で流行し始めたのは2010年頃からです。Google検索数は2010年からの7年間で4倍に増えています。
  • 2010年頃、世界経済が低迷している時に、それまで眠っていた「ハロウィン」というビジネスの可能性が花開き日本および世界的にハロウィンが流行した、と考えます。

 

 

ハロウィンには音楽があります。より本格的に楽しみたい方は見てみてください。

Wee Sing for Halloween(ウィー・シング・フォー・ハロウィン)

 

 

あなたの参考になれば幸いです。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました^^

 

 

ハロウィンの仮装についてのお薦め情報をこちらの記事にまとめました。

2018年のハロウィンの仮装(男の子)。パパも子供も楽しめる衣装10選。

2018年のハロウィンの仮装(女の子)。パパもママも子供も楽しめる衣装10選。

 

 

オススメ無料教材

 

会社困る人

会社で成果を出して給料を上げたい

ホワイト企業に転職したい

サラリーマンを続けつつ副業で稼ぎたい

というあなたにオススメの無料教材があります!

 

すぐにはサラリーマンを辞めて起業するリスクが取れない『気弱な人 (これ、私の事です)』が転職と副業を組み合わせる事で無理なくサラリーマンを卒業する方法を学ぶ事ができます。しかも【無料】です。

 

▼詳細はこちらから▼

 

 

気弱リーマンが月収10万円増やした方法の紹介ページへ