林修先生の敗因3要素、情報不足・慢心・思い込みに反論してみる

東進ハイスクールの林修先生がとあるテレビ番組で「敗者には3つの共通点がある」というお話をされていました。

 

「会社で業務を進める立場だと少し表現が違うかな」と感じました。

 

気弱サラリーマンがこれを応用する方法を考えたので記事にします。

 

本記事では、

会社で業務を進める立場で林修先生の敗因3要素、情報不足・慢心・思い込みに反論した上で、どうすれば良いか

をお伝えします。

 

スポンサーリンク

林修先生の敗因3要素、情報不足、慢心、思い込みが心に刺さった

私は林修先生が大好きです。本も楽しく拝見しています。

 

林修先生が出演していたテレビで「敗者には3つの共通点がある」というお話をされていました。

 

歴史上の勝者を見る必要はない。たまたま勝つ事もある。でも敗者には意外に共通点が存在する。歴史上の敗者から学べる敗因以下の3要素である。

1. 情報不足

2. 慢心 (俺は出来るよと自信がある状態)

3. 思い込み (これでいいはずだと思う状態)

 

という内容です。

 

自分の過去を振り返るとこれは心に刺さりました。例えば

 

  • 自分がやりたい事が出来ない会社に就職してしまった事があります。(情報不足だったな)
  • 彼女には振られるわけがないと思ってあまりケアしないでいたらあっさりと振られた事があります。(慢心だったな)
  • 学生時代に県大会の3回戦で強豪校と対戦する事になりました。2回戦は負けるわけがないと3回戦の事ばかり考えていたら2回戦で負けました。(思い込みだったな)

 

という感じで思い当たる事がたくさんありました。

 

 

林修先生の敗因3要素は正しいです。でも会社で業務を進める立場だと少し表現が違うかな、と思いました。

 

私はIT企業のプレイングマネージャーをしています。現場ではいろいろな判断が求められます。その判断のよりどころにするためには、林修先生の敗因3要素では説明が不足している場面があります。

 

私なりに反論というか表現を変更してみます。

 

 

情報不足

情報不足が敗因になるのは間違いありません。

 

でもあえて反論してみます。良い情報を見つけたら行動する力が必要です。情報を出し尽くすのは不可能ですから。

 

歴史上の事例をあげて説明します。

桶狭間の戦い

1560年6月12日に尾張国桶狭間で行われた合戦です。今川義元は大軍を率いていたにも関わらず、少数の織田信長に負けてしまいました。織田信長は桶狭間で休息していた今川義元に奇襲攻撃を掛けて勝ちました。合戦後に織田信長は、今川義元を討った服部小平太と毛利新助よりも、今川義元が休息した場所の情報を報告した蜂須賀正勝を評価したそうです。織田信長が情報の大切さを理解していた事を物語っています。

 

織田信長が情報戦に勝ったのは確かです。でもそれと同じくらい重要な事は、「今川義元が桶狭間で休息している情報を得た時に即座に奇襲作戦を掛ける行動を取った事」です。

 

ここで、

  • 前後の兵はどのくらいいるのか正確に情報を出せ
  • 休息している兵と護衛している兵の割合は?

 

のように、より詳細の情報を取る事を指示して奇襲攻撃を掛ける行動をしていなかったら、織田信長は勝利できなかったかもしれません。

 

情報を出し尽くすのは不可能です。会社で業務を進める現場では不安を抱えながらも判断をして前に進めなければならない事が多いです。情報収集と行動のバランスが必要です。

 

「今川義元が桶狭間で休息している」というレベルの「超A級の情報を得たら即座に行動する力」が大切です。そのためには情報を得る前の準備が十分である必要がある事は言うまでもありません。

 

敗因は情報不足ではなく「情報と行動力の不足」です。

 

情報収集力と行動力についての考察記事を書きました。参考にしてみてください。

 

【情報収集力or行動力?】防火防災管理講習から学ぶ普遍法則【仕事と政治に応用可】

 

 

慢心

慢心が敗因になるのは間違いありません。

 

完全に同意ですがあえて反論してみます。林修先生は敗因3要素の中で一番大きな要素は情報不足とおっしゃっています。でも私は慢心が一番大きな要素だと考えています。

 

人は勝手に自分の事を平均以上だと思うそうです。つまり自分が賢いと思うのだそうです。これが慢心です。

 

自分が賢いと思うと今以上に状況を良くする努力をしません。「俺ならいける、余裕だぜ!」と思うと、「今のままで大丈夫」というバイアスが掛かります。情報収集もしなくなります。思い込みを正す事もしなくなります。

 

つまり慢心すると思考停止します。現状で停滞します。現状で停滞する事は敗因になります。相手が成長したらいつか必ず追い抜かれますから。

 

慢心というのは人のマインドの部分です。マインドは行動を支配するので最も重要な要素です。

 

「自分は賢くない」と思えるかどうかが大切です。

 

私はこれで何度も痛い目にあいました。私は普段は臆病なのですが、ちょっと成功するとすぐ調子に乗っちゃう性格が災いしてしまうのです。慢心して良い事はありません。

 

 

思い込み

思い込みが敗因になるのは間違いありません。

 

でもあえて反論してみます。思い込みを整理する事は後で振り返るために必要です。さらに先入観は誰もが持っているので全く思い込みをしないで物事を進めるのは不可能です。

 

私は業務を始める前に仮説を立てます。つまり思い込んでから開始します。仮説を立てないと振り返りができないからです。

 

振り返りは同じ過ちを繰り返さないために行います。「Aになるはず。でもBになった。AとBの差分を分析する事で次の改善につなげる。」という振り返りを行うためには「Aになるはず」という仮説が必要です。

 

思い込みから物事を考えるのは間違いではありません。では何が間違いか。2つの事例で説明します。

(1) 天皇制の議論

(女性問題活動家) 男女はどんな場面でも平等であるべきだ。男性しか天皇になれないのはおかしい。

 

(論理的思考家) 1000年以上日本はこういう制度でやってきたのが事実。我々の浅はかな知恵で簡単に制度を変えるべきではない。

 

(女性問題活動家) そういう問題じゃない。男女はどんな場面でも平等であるべきだ。他の選択肢はない。今すぐ制度変更を。(★)

 

(論理的思考家) ・・・。

 

 

(2) FreezeとPlease聞き間違え

1992年10月に日本人留学生が「Freeze!(動くな!)」を「Please!(どうぞ!)」と聞き間違える事が原因で起きた悲惨な出来事です。

 

この出来事を機に、アメリカの放送局が「日本の英語教育はおかしい」という番組を企画し、日本の英語教育現場に取材に来ました。

 

取材の手法として本音を聞き出すために日本の英語教育者に対して「日本の英語教育はおかしい」という挑発的な発言をしたところ、日本の英語教育者は「日本の英語教育がおかしいのではない。アメリカの銃社会がおかしいのだ。」と強く反論しました。

 

その結果その番組の企画が変わったそうです。(★)「日本の英語教育はおもしろいよね~」という番組が作られたそうです。

 

 

どちらの事例も思い込みで行動を始めていますが(★)の部分が違います。

 

(1) 天皇制の議論では、(女性問題活動家)は事実を無視して自分の思い込みを優先しています。

 

(2) FreezeとPlease聞き間違えでは、アメリカの放送局は取材の結果を踏まえて思い込みを排除し方針変更しています。

 

思い込みは悪くありません。後で振り返るためには必要なプロセスです。

 

最も重要なのは『自分の思い込みが間違っていると分かった時に方針変更する力』です。

 

 

どうすれば良いか

  • 自分は賢くないと思う
  • 淡々と行動し続ける

 

これ最強です。

 

ブログ作成に関して、私も自分は賢くないと思って慢心せずに情報収集を進め、淡々と記事を書き続けます。

 

 

林修先生の敗因3要素、情報不足・慢心・思い込みに反論してみる【気弱リーマン向け】 まとめ

  • 慢心
  • 情報と行動力の不足
  • 思い込みを方針変更できない事

 

が敗者に共通する敗因3要素です。自分は賢くないと思って淡々と行動し続ける事が勝利する方法です。

 

私も出来てないなー。マインド替えまっせ!

 

会社で業務を進める上ではこの本が非常に参考になりますよ。

 

イシューからはじめよ 知的生産の「シンプルな本質」 [ 安宅和人 ]

 

 

大好きな林修先生の主張に関する考察を以下の記事にも書いたので合わせて読んでみてください。

 

【質問応答力】部下と子供を成長させ仕事と子育てでイライラしなくなる方法

 

 

あなたの参考になれば幸いです。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました^^

 

 

 

▼オススメ無料教材▼

👉 詳細はこちら!!