『高圧的で上から目線の未熟な上司』の対処法【武闘派ヤクザ編】
会社困る人

高圧的で上から目線の人間的に未熟な武闘派ヤクザのような上司にはどう対処すれば良いのだろう?

という悩みにお答えします。

 

高圧的で上から目線の武闘派ヤクザのような上司っていますよね。このような人は人間的に未熟です。

 

人間的に未熟なのに上司になれた理由は仕事で実績を上げたからです。部下から見るとたまったものではありません。

 

本記事では

高圧的で上から目線の人間的に未熟な武闘派ヤクザのような上司に対処する方法

をお伝えします。

 

『高圧的で上から目線の未熟な上司』に悩む人は多い

私は20-30代の人から転職の相談を受ける事があります。転職の理由の多くが人間関係です。上司や先輩と上手くいっていない場合が多いです。

 

40代の同世代で転職する同僚も『あの上司と上手く行かなかったんだろうな』と感じる事が多いです。

 

特に『国の仕事・鉄道などの社会インフラ・銀行などの常時稼働のサービス』に関する仕事をしている会社でこのような事例を多く聞きます。

 

  • 思い通りの結果が出ないと徹底的に詰められる
  • 『できない理由』を説明すると怒鳴られる
  • 電話を投げつけられた

 

のようにパワハラに近い事例も多いです。

 

『高圧的で上から目線の人間的に未熟な武闘派ヤクザのような上司』かつ『無能な人』ならば即転職すれば良いです。あなたが現職場に留まる理由はありません。

 

30-40年生きてきた大人が悩む理由は『1か0か』ではないグレーゾーンだからですよね。私も経験者なのでよく分かります。

 

悩みは人それぞれなので具体的な話をしないと的確な回答はできませんが、私の経験談を書いて少しでも役に立ちたいという気持ちでこの記事を書いています。

 

私は17年間のサラリーマン生活で『あの上司から学ぶ事は多いけど高圧的で上から目線の振る舞いが耐えられない』という事例を3つ経験しています。

 

それらを紹介しつつ『高圧的で上から目線の人間的に未熟な武闘派ヤクザのような上司に対処する方法』をお伝えします。

 

(1人目) 技術力は高いが人望がない部長

私はソフトの技術開発部門にいました。いい感じで平和にソフト開発をしていたら、ある日突然部長と本部長がクビになり新しい上司がやってきました。

 

新しい上司は技術力も外注管理能力も高い人でした。世界的に有名なシステムの開発者でもありました。

 

情報処理技術者試験の全てに合格している人で、技術力には申し分ない上司でした。

 

問題は人望がなかった事です。

 

仕事が出来ない社員には『廊下で立ってろ』と恫喝し、社員は本当に廊下に立たされていたぐらいの古い人間でした。私も何度も怒鳴られました。

 

当然ながら部下はついていきませんでした。15人いた超優秀なリーダーさんが1年で13人辞めました。これで仕事が上手く進む訳がありません。

 

この上司についていけば技術力は向上出来るかもしれません。しかし、私は精神的に耐えられる自信がありませんでした。

 

この上司の下で無くても、技術力は身につけられますし開発経験を積む事も出来ます。

 

20代の大事な時期に我慢をする必要はないと判断し、私は転職を決断しました。

 

 

関連記事です。

(2人目) 社内政治力は高いがパワハラをする部長

常駐先の上司の話です。

 

私は新入社員の時にブラック企業に入社しました。

 

開発部門を希望していたのに雑用部門に配属されたので多少腐ってはいましたが、『結果だけは必ず残す』とやる気を持って仕事をしていました。

 

仕事ではある有名企業(A社)の地方支社に常駐する事になりました。1年のうち250日ぐらいを地方のホテルで生活しました。

 

ある日突然、A社の一番偉い人(Bさん)が私の常駐先の支社に部長として転勤し、新入社員の私と対峙する事になりました。

 

このBさんが『高圧的で上から目線の人間的に未熟な武闘派ヤクザのような上司』でした。

 

Bさんはバリバリ仕事が出来る部長です。社内政治力が極めて高いためA社の幹部社員を手足のように使い、仕事はみるみる成功しました。

 

一方で、その職場の若手社員はこき使われていました。恫喝・残業・徹夜が当たり前の文化でした。常駐現場の責任者である私への風当たりも非常に強かったです。

 

私は精神的に参ってしまいました。このままでは私の精神が持たないと考え、私は社内転職を決意しました。

 

Bさんとはそれなりの人間関係を構築していたので社内転職した後も何度か電話が掛かってきました。

 

しかし、私はその人の電話を着信拒否するようになりました。私が精神的に未熟だったのもありますが、自分の精神を守るための精一杯の抵抗でもありました。

 

仕事がバリバリに出来る人でも、『高圧的で上から目線の人間的に未熟な武闘派ヤクザのような上司』である事が理由で、私は転職を決断しました。

 

 

関連記事です。

(3人目) 異文化を理解しない若手リーダー

海外との協業でリーダーを任されたある若手リーダーがいました。

 

日本と中国とヨーロッパで各5人ずつ、合計15人のプロジェクトチームが結成されました。

 

その分野の経験値が最も高いのがその若手リーダーでした。若手リーダーはプロジェクト計画書を書き、日本・中国・ヨーロッパのメンバーに説明しました。

 

若手リーダーが言う内容は正しいのですが、『俺の言う事を聞け!』という雰囲気で強権政治を行う事が欠点でした。

 

若手リーダーはやる気に満ち溢れていました。海外の人はYes/Noをはっきり言うのが良いと考え、会議では『No』を連呼していました。

 

ある時に中国とヨーロッパのメンバーが急に会議に参加しなくなりました。自分より年下の若手リーダーの強権政治についていけないという理由でした。

 

結局そのプロジェクトは中断しました。

 

これは過去の私の失敗事例です。

 

『高圧的で上から目線の人間的に未熟な武闘派ヤクザのような私』は成果を上げる事が出来ませんでした。

 

このような人の元からは人は去っていくものです。反省しています。

 

『高圧的で上から目線の未熟な上司』の対処法【武闘派ヤクザ編】 まとめ

『高圧的で上から目線の人間的に未熟な武闘派ヤクザのような上司』とは決別するのが正解です。

 

 

転職を考えているあなたへ

今すぐ転職する気がなくても転職サイトに登録しておいた方が良いです。

なぜなら、いざ『転職しよう』と思った時には精神的ストレスはかなり高くなっており、その時には転職サイトに登録する気力すら無くなってしまうからです。

まだ余裕のあるうちから常に求人情報を仕入れて気になる求人情報をストックしておけば『転職という選択肢』を作る事ができます。そうすれば、過労で倒れたり精神疾患を患う前に『転職という選択肢』を実行できます。

転職サイトは登録無料です。あなたの条件にあった新規求人や転職可能なおすすめ求人がメールで届くので、今は転職できなくても登録しておくのが良いです。

優良な求人情報が集まる転職サイトのオススメは以下の2つです。

ビズリーチ

ハイクラスに特化した会員制転職サイトです。会員数94万人超・企業数6700社超で国内最大級です。会員制なのであまり見かけない非公開求人やポジションも多数あります。あなたが職務経歴書を登録するとヘッドハンターと国内外の優良・成長企業が直接スカウトします。

GeekOut

転職のプロからのオファーなど『いいところがあったら転職したい』エンジニアのための転職サービスです。登録するだけで自分の興味がある求人情報をフィードで手軽に見ることができるので、転職意志がなくても、まずは情報収集をしたいという方にオススメです。


ビズリーチ と GeekOut は強みが異なるので、2つ登録しておく事でシナジー効果が得られます。

 

▼オススメ無料教材▼

👉 詳細はこちら!!