幸せに働ける会社を選ぶための2つの条件【令和時代に年収/働きがいよりも優先すべき要素】
会社困る人

転職では幸せに働ける会社を選びたい。そのためにはどの条件を優先するべきだろう?年収か働きがいかな?

という悩みにお答えします。

 

転職で『幸せに働ける会社』を選ぶためには年収も働きがいも大切です。

 

しかし、令和の転職で『幸せに働ける会社』を選ぶためには、今まで以上に優先すべき2つの条件があります。

 

本記事では、

令和の転職で『幸せに働ける会社』を選ぶための年収/働きがいより優先すべき2つの条件

をお伝えします。

 

『幸せに働ける会社』を選ぶ条件(1) 自責

『幸せに働ける会社』を選ぶための条件として、あなたが『自責』の精神で仕事に取り組む事が必要です。

 

転職の応募者が希望する条件が10個あるとします。年収が高い・働きがいがある・技術力が伸ばせる・経営方針が明確・儲かっているなどです。

 

それら全ての条件を満たす職場はありません。受け身の姿勢でいる限り『幸せに働ける会社』は存在しないと言えます。

 

満たされていない条件は『自責』の精神であなたが変える必要があります。

 

例えば、

  • 1年間必死に働けば年収や働きがいはある程度は増えます
  • 技術力は自分でも伸ばせます
  • 固定費を削減していけばいつか商品が売れた時に黒字になります

 

『自責』である事は仕事が出来る人の共通点でもあります。

 

『令和の虎』という最高に面白い番組があります。

2019年12月にOwnerの岩井社長が『K社長の真実』という題目で動画を出した事がきっかけで出演者が葛藤し、最高に面白い状態になっています。ここで一つ問題が発生しました。令和の虎に出演している社長でイニシャルがKの社長がたくさんいるのです。

ある時に、イニシャルがKの社長の一人であるStock Sunの株本社長が『あいつがK社長ではないか』という風評被害を受けました。株本社長にとっては関係ない事ですから、普通なら『俺じゃねぇよ!』と言い返す所ですよね。

でも株本社長は『僕はそんなことしない人間。あれを見て株本と思う人がいる事にビックリした。まだ頑張らないと。』という内容の発言をしました。ポイントは『自責』です。『自分が未熟だからこのような事が発生した』と考えている所です。

 

『幸せに働ける会社を選ぶ』のも自責の精神が必要です。自責の精神を持たずに受け身の姿勢でいる限り『幸せに働ける会社』は存在しませんから。

 

しかし、綺麗ごとだけでは世の中は動きません。自責とはいえ、令和時代を生きるサラリーマンが転職する際にこだわるべきポイントがあります。それが『時短』です。

 

『幸せに働ける会社』を選ぶ条件(2) 時短

『幸せに働ける会社』を選ぶためには『時短』が必要です。『時短』は会社の拘束時間が短い事です。

 

令和時代を生きるサラリーマンの収入源は会社だけではありません。

 

フリーランスのように時間を使う副業・ブログのように資産性のある副業・投資信託やFXのような資産運用など多くの収入源があります。

 

 

収入源が『会社のみ』の場合は『幸せに働ける会社』にするための条件が多数あるでしょう。

 

『年収が高い・働きがいがある・技術力が伸ばせる・経営方針が明確・儲かっている』などです。

 

収入源が複数ある場合は、あなたの24時間のリソースを最適化する事を優先すべきです。

 

この場合の『幸せに働ける会社』にするための最善の方法は、会社の拘束時間を最短にして、その他の時間を副業に使う事です。

 

会社の拘束時間が長すぎると副業を開始する事すらできません。

 

終身雇用が崩壊した令和時代には収入源を複数持つ事が必須です。副業を開始できない事は大きなリスクです。

 

副業をするためにまずは転職する必要があります。転職先の最優先項目は『会社の拘束時間が短い事』です。

 

 

 

拘束時間が長い会社の特徴として『後戻りの文化』があります。仕事が後戻りをすると生産性が何倍も落ちます。

 

あなたが『カラスは黒い』と言っても、課長が『カラスは白い』と言ったら白です。でも部長が『カラスは緑だ』と言ったら緑です。これがサラリーマンの世界です。

 

『後戻りの文化』がある会社では上司が部下の主張をひっくり返すのを好むんですよねー。『後戻りの文化』を消し去るのは並大抵の努力では出来ません。

 

 

令和の転職では『拘束時間が短い事』を転職の最優先条件とする事をオススメします。

 

会社の情報収集時に『拘束時間』にアンテナを張っていると何かしらの情報が得られるものです。『後戻りの文化』があるかに注目してください。

 

仕事はさっさと成果を上げてさっさと帰るのが令和サラリーマンの理想です。

 

幸せに働ける会社を選ぶための2つの条件【令和時代に年収/働きがいよりも優先すべき要素】

  • 自責の精神を持つ事
  • 会社の拘束時間が短い『時短』の会社かどうかにアンテナを張る事

 

転職を考えているあなたへ

今すぐ転職する気がなくても転職サイトに登録しておいた方が良いです。

 

なぜなら、いざ『転職しよう』と思った時には精神的ストレスはかなり高くなっており、その時には転職サイトに登録する気力すら無くなってしまうからです。

 

まだ余裕のあるうちから常に求人情報を仕入れて気になる求人情報をストックしておけば『転職という選択肢』を作る事ができます。そうすれば、過労で倒れたり精神疾患を患う前に『転職という選択肢』を実行できます。

 

転職サイトは登録無料です。あなたの条件にあった新規求人や転職可能なおすすめ求人がメールで届くので、今は転職できなくても登録しておくのが良いです。

 

優良な求人情報が集まる転職サイトのオススメは以下の2つです。

 

ビズリーチ

ハイクラスに特化した会員制転職サイトです。会員数94万人超・企業数6700社超で国内最大級です。会員制なのであまり見かけない非公開求人やポジションも多数あります。あなたが職務経歴書を登録するとヘッドハンターと国内外の優良・成長企業が直接スカウトします。

GeekOut

転職のプロからのオファーなど『いいところがあったら転職したい』エンジニアのための転職サービスです。登録するだけで自分の興味がある求人情報をフィードで手軽に見ることができるので、転職意志がなくても、まずは情報収集をしたいという方にオススメです。


ビズリーチ と GeekOut は強みが異なるので、2つ登録しておく事でシナジー効果が得られます。

 

 

▼オススメ無料教材▼

👉 詳細はこちら!!