結婚式の主賓スピーチに失敗する方法:落とし穴に要注意です!
会社困る人

結婚式の主賓スピーチを頼まれた。失敗しないようにしないと。

という悩みにお答えします。

 

自分がお願いされるようになるとは…。

 

『結婚式の主賓スピーチをお願いします。』と言われました。約10年前に自分が上司に言った言葉です。時が経つのは早いものです。

 

30歳の頃に友人の結婚式に多数出席する時期がありました。会社の上司による結婚式の主賓スピーチで『悪気がないのは分かるけど明らかに失敗だよなぁ』と思う事が何度かありました。

 

主賓スピーチでは新郎新婦に迷惑を掛けないように失敗事例を学ぶことが大切です。

 

本記事では、

会社の上司による結婚式の主賓スピーチにおいて悪気ない失敗を避けるための知識

を体験談の形でお伝えします。

 




結婚式の主賓スピーチで最悪の失敗は『長い』こと

主賓スピーチが長いのは最悪です。準備は5分を目安にしてください。短いスピーチを意識する事が大切です。

 

私が出会った強烈な事例を紹介します。

 

同じ会社の同期が新郎新婦となった結婚式がありました。私は新郎の友人として参加しました。

 

『新郎側の主賓スピーチ・新婦側の主賓スピーチ・乾杯の挨拶』の全てがその会社の上司によって行われました。そして、乾杯が行われたのが結婚披露宴が始まってから45分後でした。

 

なんと、この3人で合計45分間話し続けたのです。

 

内容は覚えていません。少なくとも新郎新婦や出席者に対して失礼なものではなかったと記憶しています。でもとにかく長いのです。

 

この45分間は参列者は全員乾杯の一口さえ飲んでいません。普通に喉が渇きました。

 

乾杯の直後に新婦がお色直しのために退席しました。後で新郎に聞いたのですが、段取りが狂ってしまい予定していたイベントのいくつかを出来なくなったそうです。

 

結果的に新郎新婦および参列者の方に迷惑をかけていました。

 

長いスピーチはご法度です。短くシンプルにすることを意識しましょう。スピーチは短くすることを意識しないと長くなります。5分を目安に準備してください。

 

主賓スピーチの失敗例(2):新郎新婦の失敗事例を話す

新郎新婦の失敗事例を話すのはやめた方が良いです。

 

結婚披露宴は新郎新婦が一生に一度だけ無条件で褒められまくる時間です。少しでも褒める話を多く話してあげましょう。

 

私が出会った事例を紹介します。

 

新郎の主賓スピーチで、社内の元彼女の話をした上司がいました。

 

新婦も理解している内容だったので問題ないかなと思っていたのですが、新郎の両親が後で『あんな事を言う必要はないじゃないか』怒っていたそうです。

 

新郎友人として参加していた私から見ると『アリかな』と感じた内容だったのですが、立場によっては嫌がられる可能性があります。

 

面白い失敗談ではなく、褒める話を優先してあげた方が良いです。

 

主賓スピーチの失敗例(3):内輪の事だけを話す

新郎側または新婦側の参列者しか分からない内輪の話を延々とするのは良くないです。

 

他の参列者があなたの話を理解できないからです。

 

私が出会った事例です。

 

新郎とその会社の参列者でしか分からない用語を使ってそのグループだけで盛り上がってスピーチが終わった事がありました。

 

  • ○○チームの○○くんが忘年会で出し物をやった。
  • 会社の○○プロジェクトで○○が大変だったけどなんとか乗り切った。

 

新郎の会社のメンバーにとっては面白い話題だったようで盛り上がっていました。

 

でも我々一般の参列者にとっては、いきなり固有名詞がたくさん出てきたので『???』となってしまいました。

 

他の参列者も内容が分かるように説明してあげる事が大切です。

 

主賓スピーチの失敗例(4):『知らない』を連呼する

新郎または新婦の事を知らないと連呼するのは良くないです。

 

というのも、主賓スピーチを課長に頼んだら『部長の方が良いんじゃない?』と言われて結局部長に頼んだ、という場合があるんです。私自身もそうでした。

 

新郎新婦の事は課長がよく知っています。部長は課長ほどは知りません。

 

あなたがもし部長の立場で主賓スピーチを頼まれた場合は、新郎新婦を知っている立場で話してあげてください。

 

 

私が出会った事例です。

 

新郎と課長は海外赴任中に毎日のように酒を飲むほど仲が良かったそうです。

 

でも会社の都合で部長に主賓スピーチをお願いする事になりました。部長は人格者なので頼んでも問題ないと考えていたそうです。

 

で、いざ主賓スピーチを迎えたら

  • 私は新郎の○○くんをあまり知らないんですが…、
  • ここにいる課長の○○の方が新郎の○○くんをよく知っているのですが…、

 

という発言を繰り返していました。

 

新郎もそれを分かったうえで部長にお願いしているわけです。参列者としても、部長が新郎をよく知っているかどうかはうでも良いんですよね。

 

人格者である事は伝わってきましたが、新郎が可哀想だなと思いました。

 

 

いくつか結婚式場を見学して結婚式場の雰囲気を理解すると良いです。デート気分で行けますよ。食事代を除けば無料です。


 

主賓のあなたが注意すべき事

誰もあなたに注意する人はいません。裸の王様状態です。

 

主賓3人で45分話した事例のように、たとえ悪気がなくても結果としてあなたが暴走してしまった場合でも、だれもあなたを注意できません。

 

なぜならあなたは新郎新婦に主賓として選ばれた人だからです。

 

よく考えてみてください。

  • 結婚式場の人
  • 司会進行の人
  • 会社の人
  • 新郎新婦
  • 新郎新婦の親族
  • 友人

の誰があなたを注意できるでしょうか?出来るはずがありません。

 

これに注意して暴走しないようにしっかりと準備してあげてくださいね。

 

主賓スピーチでは何をしゃべればいいの?

会社の上司による結婚式の主賓スピーチでは、当たり障りのない事を5分話せば良いのです。

 

『会社の紹介・あなたの仕事・新郎新婦の仕事の説明をして、残りの時間何かを褒める』だけで十分です。笑いを取れるならなお良いですが、必須ではありません。

 

結婚式の主役は主賓スピーチを話すあなたではありません。主賓スピーチは印象に残らないシンプルで短いスピーチで良いのです。あとは他の人が盛り上げてくれますから。

 

結婚式の主賓スピーチに失敗する方法:落とし穴に要注意です! まとめ

  • スピーチは5分以内
  • 新郎新婦の失敗事例は話さない
  • 内輪の話は他の参列者も内容が分かるように話す
  • 新郎新婦をよく知っている感じでスピーチしてあげる

 

 

▼オススメ無料教材▼

👉 詳細はこちら!!