会社困る人

子供にサンタさんを信じさせたいけど、どうすればよいの?

という悩みにお答えします。

 

私は小5のクリスマスまでサンタを信じていました。親に洗脳されてました。騙されてました。

 

本記事では、子供時代に親に洗脳された私が、子供を持つパパママのあなたに向けて

子供にサンタを信じさせる方法【驚きの3ステップ】

をお伝えします。

 

スポンサーリンク




私は小5までサンタを信じていました

恥ずかしい話ですが、私は小5までサンタを信じていました。

 

小5のクリスマスの朝、2つ下の妹の泣き声が聞こえてきました。母が妹に『実はサンタはいないんだよ』と伝えたそうです。サンタを信じていた妹はショックで泣いてしまったのです。

 

妹が泣くのを横目に、母が私に『(あなたは当然知っていたと思うけど)○○ちゃんはまだサンタを信じてたんだね。』言いました。でもこの時点で私もサンタを信じていたのです。

 

かなりショックだったのですが、兄の手前泣くことも出来ず、『そ、そうなんだ』と言ってショックを隠して黙っていたのを覚えています。

 

この話をすると多くの人から羨ましがられます。『自分も親になったら子供にサンタを信じさせる!』と言われます。

 

私の父と母はイベントの演出にこだわるタイプではありません。用意周到に準備をして『子供にサンタを信じさせる』事を狙ったという訳ではありません。

 

しかし、私と妹がサンタを信じていたのは事実です。なぜ私と妹にサンタはいると信じさせる事が出来たのでしょうか。それは、子供にサンタを信じさせるポイントを掴んでいたからです。

 

『子供にサンタを信じさせる』という洗脳教育を受けた私がそのポイントを思い返して記事にします。パパママのあなたが子供にサンタを信じさせる事を考えている場合は参考にしてください。

 

 

子供にサンタを信じさせる方法(1):手紙を書かせる

事前の演出として『僕はこういう理由でこれが欲しい。だからサンタさんこれをください。』という手紙を子供と一緒に書きましょう。

 

これによって『子供の意識にサンタさん像を植え付ける事』と『子供が欲しいプレゼントを親が知る事』ができます。

 

 

(手紙のメリット1) 子供の意識にサンタさん像を受け付ける

 

私は親にイヤイヤ書かされた記憶があります。でも書いてみると『サンタさんってこんな感じかな』というイメージを持つようになりました。

 

子供が面倒くさがる場合は『ちゃんと書かないとサンタさんに伝わらないからね』と言って子供に手紙を書かせてください。

 

 

(手紙のメリット2) 子供が欲しいプレゼントを親が知る

 

私は手紙を枕の下に置いていたのですが、ある年に書いた手紙を枕の下ではなく枕カバーの中に入れた事があります。『サンタさんはこの手紙を見つけて読めるのか』を試したわけです。

 

結果は…朝起きたら手紙は枕カバーの中にあって読まれた形跡がありませんでしたが、手紙に書いてあるものがプレゼントとして机の上に置いてありました。

 

『サンタさんすごい!読まないでも書いてある内容が分かるんだ!やっぱりサンタさんはいるんだ!』と思いました。(ここで親がプレゼントを置いている事に気づかないイタイ子供でした、笑)

 

この演出によって親は私にサンタさんを信じさせる事ができました。

 

 

子供にサンタを信じさせる方法(2):普段は買わないものを買う

パパママが普段買わないものをプレゼントしましょう。

 

これによって『このプレゼントを買ったのはパパママではない。したがってサンタさんである。』と子供に思わせる事ができます。

 

私自身の事例です。

 

(事例1) 普段買わないお菓子がプレゼントされた

我が家はお菓子を買ってくれない家でした。お金がなかったからです。なので私はいつもお菓子が食べたいと思っていました。

 

ある年のクリスマスにサンタさんへの手紙で『お菓子が欲しい』と書きました。クリスマスに目覚めたら机の上に大きな靴下の中に入っている大量のお菓子が置いてありました。

 

このようなイメージのお菓子です。

 

クリスマスブーツH(菓子入ブーツ)

 

めっちゃ嬉しかったのと共に、私の中で

 

  • うちの親はお菓子を買わない
  • もし買うとしてもこんなに大量に買う事はない
  • 従って大量のお菓子を買ったのはうちの親ではない

 

という論理が組みあがりました。

 

(事例2) 親との会話で話題になった事がない望遠鏡がプレゼントされた

ある年のクリスマスにサンタさんへの手紙で『望遠鏡が欲しい』と書きました。クリスマスに目覚めたら机の上に望遠鏡が置いてありました。

 

この時も、私の中で

 

  • うちの親と望遠鏡を見に行った事はない
  • うちの親は望遠鏡には興味がないはずだ
  • 従ってこれを買ったのはうちの親ではない

 

という論理が組みあがりました。

 

パパママが普段買う事がない、買いそうもない、と子供が認識しているものをプレゼントすると、子供は『親が買ったものではない』と認識します。

 

子供にサンタを信じさせるコツは、『サンタさんへの手紙を書く際にパパママが普段はあまり買わないものを書くように誘導する事』です。

 

この演出によってうちの親は私にサンタさんを信じさせる事ができました。

 

 

子供にサンタを信じさせる方法(3):プレゼントの事を知らんぷり

子供がプレゼントの事をパパママに話しても知らないふりをしましょう。

 

これによって『子供がサンタさんにプレゼントをお願いし、サンタさんが子供にプレゼントをあげた』という子供とサンタさんの2者関係である、と子供に思わせる事ができます。

 

私の事例です。

 

クリスマスの朝にプレゼントを受け取った私は、親に『サンタさんからこんなプレゼントをもらったよ』という話をしました。

 

その時に私の両親は全然乗って来ませんでした。『あ、そうなの?』という程度の塩対応でした。

 

『お父さんとお母さんは関係ない。私がサンタさんにプレゼントをお願いしたから、サンタさんが私にプレゼントをくれたんだ』と私は理解しました。

 

お菓子は全部私が食べました。望遠鏡は私が独占して使えました。これらは普段は許されない特別な事でした。

 

普段許されない事がクリスマスプレゼントにおいては許されたのです。サンタさんと私で閉じた2者関係であるからです。そこに家族が入る余地はありません。

 

この演出によってうちの親は私にサンタさんを信じさせる事ができました。

 

 

【子供にサンタを信じさせる方法】小5まで洗脳されてた私が教える驚きの3ステップ まとめ

  • 子供に手紙を書かせる
  • 普段は買わないものを買う
  • プレゼントの事を知らんぷり

 

この3ステップの演出によってあなたもきっと子供にサンタさんを信じさせる事ができます。

 

 

あなたの参考になれば幸いです。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました^^

 

 

気弱リーマン向けクリスマス関連の記事はこちらです。【保存版】

【子供にサンタを信じさせる方法】小5まで洗脳されてた私が教える驚きの3ステップ

【パパが喜ぶクリスマスプレゼント8選】子供に渡させるのがベターです

【クリスマスの一人での過ごし方】クリぼっちは社会人にとってチャンスです

【アドベントカレンダー文化創生論】時間をおもちゃとやる気に変える道具

【クリスマスに家族ディナー@100本のスプーン】映画館型ファミレス体験記

【クリスマスのちょっと贅沢スイーツ】費用対効果が高いプレゼント4選

【3歳向けクリスマスの絵本】男の子も女の子も大人もハマった厳選3冊

【クリスマスプレゼントの渡し方】子供をサプライズで感動させる方法

 

 

 

オススメ無料教材

 

会社困る人

会社で成果を出して給料を上げたい

ホワイト企業に転職したい

サラリーマンを続けつつ副業で稼ぎたい

というあなたにオススメの無料教材があります!

 

すぐにはサラリーマンを辞めて起業するリスクが取れない『気弱な人 (これ、私の事です)』が転職と副業を組み合わせる事で無理なくサラリーマンを卒業する方法を学ぶ事ができます。しかも【無料】です。

 

▼詳細はこちらから▼

 

 

気弱リーマンが月収10万円増やした方法の紹介ページへ