費用対効果が高い!鼻うがいの生理食塩水の作り方【安全に作れます】
悩むボーイ

鼻うがいをたくさんやりたいけど、生理食塩水が高いから使うのを躊躇してしまう。また、自作は危険と聞いたので、安全に作る方法を知りたい。

という悩みにお答えします。

 

鼻うがいの生理食塩水の作り方を教えます。『生理食塩水の作り方』と言ってもかなり簡単です。小さじと熱湯で安全に作る方法で費用対効果が高いです。

 

さらにツーンとする痛みをゼロする方法も教えます。『いま鼻に水が入ってるの?』と感じるくらい全く痛みがありません。

 

本記事では、

費用対効果が高い!鼻うがいの生理食塩水の作り方

をお伝えします。

 



費用対効果が高い!鼻うがいの生理食塩水の作り方:小さじと熱湯で安全に作れる?

鼻うがいとは、鼻の中に水を入れる事で、鼻の入り口から鼻の穴の奥深くにある『上咽頭』という所までの空間を洗浄する事です。

 

鼻うがいをすると鼻の中の空間に付着しているウイルスや花粉などを外に出す事ができます。

 

ウイルスや花粉は喉よりも上咽頭に付きやすいです。従って喉うがい(普通のうがい)よりも鼻うがいの方が風邪の予防に効果的です。鼻うがいと喉うがいを併用するのがより効果的です。

 

鼻うがいの効果は以下です。

 

(1) 花粉症の予防と緩和

上咽頭に付着した花粉を洗い流す事で花粉症を予防/緩和できます。私は花粉症の時期には症状が出る前から鼻うがいを積極的に実施して予防しています。症状が出てもそれを継続する事で緩和できます。

 

(2) 風邪の予防

上咽頭に付着したウイルスを洗い流す事で風邪を予防できます。

 

(3) 鼻づまりの症状緩和

鼻の奥に詰まっている淡を洗い流す事で鼻づまりの症状を緩和できます。鼻の奥に淡が詰まる症状のある風邪の場合に効果が高いです。鼻づまりには薬よりも鼻うがいの方が効果が高いです。もちろん併用がベストです。

 

(4) すっきりして気持ちいい

何より気持ちいいです。私は何も症状がない時でもこの目的で鼻うがいを実施しています。

 

これらの効果を無料で得られたら、費用対効果が高いと言えます。

 

 

普通の水を鼻に入れると『ツーンとする痛み』があります。これは人の体液と普通の水の浸透圧に差があるためです。

 

鼻うがい専用の生理食塩水を使うとこの痛みを防ぐ事が出来ます。私が最初に購入したのはこちらの商品です。

 

⇒ ハナノア 専用洗浄液 爽快クール の詳細を確認する

 

費用対効果が高い!鼻うがいの生理食塩水の作り方【安全に作れます】

私は、鼻うがいを始めた頃は ハナノア 専用洗浄液 という商品(生理食塩水)を購入していました。

 

生理食塩水を手作り出来る事を知ったので、その後は手作りする事にしました。

 

鼻うがいをするための容器(下の2つの容器)は、鼻うがい用の生理食塩水を作るする場合にも使います。 ハナノア 専用洗浄液 を購入して、これらの容器を捨てないで取っておいてください。

 

 

鼻うがい用に濃度0.9%の生理食塩水を手作りします。生理食塩水は人の体液の浸透圧に近いため鼻にツーンとする痛みがありません。

 

鼻うがい用の生理食塩水を手作りする方法は以下です。

(1) 500mlの水道水を熱湯にする

浄水器を掛けるとカルキが抜かれて保存が効きにくくなるので、水道水をそのまま使ってください。熱湯にするのは消毒のためです。

 

(2) 小さじ一杯(5グラム)の塩を入れる。

濃度0.9%にするためです。

 

以上。これだけで手作りできます。費用対効果が高いです。

 

出来上がりはこんな感じです。

 

このまま放置して、冷めたら容器に入れます。これで手作り完了です。

 

鼻うがいをすると『もっとやりたい』と思う時があります。

 

購入した鼻うがい用の生理食塩水を使うの場合はどうしても『もったいない』という気持ちが働きますが、手作りの生理食塩水であれば惜しみなく使えます。

 

鼻うがい用の生理食塩水を手作りするメリットは、惜しみなく使える事です。なくなったらまた作れば良いのですから。費用対効果が高いです。

 

費用対効果が高い!鼻うがいのツーンとする痛みをゼロにするコツ

濃度0.9%の生理食塩水を使うと、ツーンとする痛みはないのですが、鼻の中に生理食塩水が入っている事は分かります。

 

という意味で痛みがゼロとは言えません。でも、鼻うがいの痛みをゼロにする方法があります。生理食塩水を体温と同じぐらいの温度に温める事です。

 

私は普段、鼻うがいをお風呂で行います。私は濃度0.9%の生理食塩水を鼻うがい用の容器(下枠のもの)に入れ、容器の下半分を湯船に入れて温めます。

 

しばらくして温まってきたら鼻うがいを行います。

 

人の体液の浸透圧に近い生理食塩水を、体温と同じ温度にした状態で鼻に入れると…

 

入れた事が全く分かりません。

 

え?いま鼻に水が入ってるの?と感じます。生理食塩水が鼻の奥に入っている事が全く分からなくて驚きますよ。是非お薦めできる方法です。

 

費用対効果が高い!鼻うがいの生理食塩水の作り方【安全に作れます】 まとめ

  • 鼻うがい用の生理食塩水の作り方は『500mlの水道水を熱湯にして小さじ一杯(5グラム)の塩を入れる』です。費用対効果が高いです。
  • ツーンとする痛みをゼロにするコツは『お風呂で生理食塩水を体温と同じぐらいに温めてから鼻うがいをする』です

 

最初はこちらの商品を購入して専用の容器を手に入れてください。

 

⇒ ハナノア 専用洗浄液 爽快クール の詳細と価格を確認する

 

 



 

▼オススメ転職法▼

👉 詳細はこちら!!