花粉症の都市伝説:市販薬だけで乗り切れるか検証した体験談
会社困る人

花粉症だけど病院に行くのは面倒だから市販薬で予防・緩和したい

という悩みにお答えします。

 

大量の薬を飲む場合は、市販薬を買うよりも、病院に行って処方箋を出してもらい健康保険を使って薬を購入する方が安いです。

 

しかし、多くの場合同じ成分の市販薬を薬局で購入できます。花粉症の症状が酷くない場合や多少お金が掛かっても良い場合は、薬局で市販薬を購入するのも選択肢の一つです。

 

私が病院に行く時間がない時に購入して効果があった市販薬を紹介します。

 

本記事では、花粉症だけど病院に行くのは面倒と考えているあなたに向けて

花粉症シーズンに病院に行かずに市販薬を使って鼻水鼻づまりと目の痒みを予防・緩和する方法

をお伝えします。

 




花粉症の都市伝説。市販薬だけで乗り切れるか検証した体験談:飲み薬

花粉症は予防が大切です。花粉症のアレルギー反応が出てしまったら強い薬を飲んで症状を抑える必要が出てきます。

 

花粉症のアレルギー反応が出る前から薬を飲みましょう。

 

私が効果を感じた市販薬を紹介します。

 

(飲み薬) アレグラ

効果:中

眠気:なし

 

⇒ (市販薬)【第2類医薬品】アレグラFX(セルフメディケーション税制対象)の詳細と価格を確認する

 

 

抗アレルギー内服薬と言われる市販薬です。アレルギー症状を引き起こす誘発物質が体内に放出されないように元から抑える作用 を持ちます。

 

私は病院に行くとアレグラを処方されます。アレグラは市販薬として薬局でも販売されています。なので、私は薬局で市販薬を購入する場合はまずはアレグラを探します。

 

強い薬ではないので副作用も少ないです。私は副作用を感じた事がありません。全く眠くなりません。

 

アレルギー症状が出るのを抑える薬なので、アレルギー症状が出る前に飲み始める必要があります。私は症状が出る1週間ぐらい前から飲み始めます。

 

3月1日から花粉が飛び始めるというニュースがあれば、1週間前の2月22日から飲み始めます。

 

(飲み薬) ザジテン

 

⇒(市販薬)【第2類医薬品】ザジテンAL 鼻炎カプセル の詳細と価格を確認する

 

効果:中

眠気:中

 

抗アレルギー内服薬と言われる市販薬です。アレルギー症状を引き起こす誘発物質が体内に放出されないように元から抑える作用 を持ちます。

 

さらに、既に起こってしまったアレルギー症状を鎮める作用 も持ちます。薬剤師さんにこの市販薬を薦められる事が多いです。

 

既に花粉症の症状が出ている場合は私はこの市販薬を購入します。鼻水・鼻づまりに効果がありますが、眠気が少し出ます。

 

(飲み薬) ストナリニ

 

⇒(市販薬)【第2類医薬品】ストナリニS の詳細と価格を確認する

 

効果:大

眠気:大

 

鼻汁分泌を抑え、鼻水などの鼻炎症状に効果がある市販薬です。

 

私はストナリニが大好きです。鼻水が出ている時にストナリニを飲むとピタッと止まります。切れ味抜群の市販薬です。

 

デメリットは眠くなることです。寝る前に飲む事でこのデメリットはメリットに変わります。夜に鼻水が止まらなくて寝れない場合はストナリニが最高です。

 

 

花粉症の都市伝説。市販薬だけで乗り切れるか検証した体験談:鼻と目に直接作用する薬

(点鼻薬) ナザール

 

⇒(市販薬)【第2類医薬品】ナザール スプレー 30ml の詳細と価格を確認する

 

ステロイドの点鼻薬です。私は市販薬では商品を使っています。花粉症の鼻水、鼻づまりに効果があります。

 

ナザールには アレルギー症状の原因を抑える作用と、鼻腔内の炎症を抑える作用 があります。ナザールを点鼻すると鼻がすっと通ります。

 

耳鼻科の先生曰く

 

第3者

点鼻は市販薬でもとにかく効きます

 

との事でした。

 

点鼻薬は飲み薬と違って鼻にダイレクトで吹き付けるので、鼻以外の箇所に副作用がありません。寝る前にワンプッシュするだけでも効果があります。

 

ステロイドの点鼻薬は効き目は大きいですが、使えば使うほど効き目が落ちるので点鼻薬に頼りすぎるのは良くないのが注意点です。

 

耳鼻科の先生曰く

 

第3者

点鼻薬は癖になるので注意が必要

 

との事でした。用量を守って使いましょう。

 

(目薬) アルガード

 

⇒(市販薬)【第2類医薬品】ロートアルガード 10ml の詳細と価格を確認する

 

外出先で目が痒くなると辛いので、何かしらの目薬を持ち歩くのが良いです。

 

私が使った経験がある市販薬では、アルガードが目の痒みに効きます。

 

 

花粉症の都市伝説。市販薬だけで乗り切れるか検証した体験談:鼻と目から花粉を除去するもの

(鼻の花粉を洗い流す) ハナノア

 

⇒ ハナノア 専用洗浄液 爽快クール の詳細を確認する

 

ハナノアを使って鼻うがいをして鼻の奥の花粉を洗い流す 事で、鼻水・鼻づまりの症状の予防と緩和ができます。

 

何より『ハナノアをすると気持ちいい』です。

 

鼻うがいの詳細と生理食塩水の作り方をこちらの記事に書きました。

 

費用対効果が高い!鼻うがいの生理食塩水の作り方【安全に作れます】

 

 

(目の花粉を洗い流す) アイボン

 

⇒(市販薬)【第3類医薬品】アイボン(500mL)の詳細と価格を確認する

 

私は花粉症シーズンの強い日に外にいると目が痒くて仕方がなくなる時があります。

 

アイボンを使うと目に入った花粉を取り除けるので、目の痒みを予防出来ます。結膜炎の予防にもなります。

 

何より『アイボンをすると気持ちいい』です。私は花粉症シーズンは毎日アイボンをしています。アイボンは神商品です。使ったことがない場合は是非一度お試しあれ。

 

 

花粉症の都市伝説。市販薬だけで乗り切れるか検証した体験談:花粉をブロックするもの

マスクには付けるマスクと塗るマスクの2種類があります。

 

(普通のマスク) 安い商品なら何でも可

 

⇒ (市販薬)マイスコ サージカルマスク の詳細と価格を確認する

 

私はこのような安いマスクを1日1-2枚使います。移動中は必ずつけます。

 

清潔なマスクを毎日取り替えて使いましょう。

 

(塗るマスク) アレルシャット

 

⇒ (市販薬)アレルシャット 花粉 鼻でブロック の詳細と価格を確認する

 

花粉が飛ぶ日は周りの人の服にも花粉が付いているので、本当はずっとマスクをしていたいのです。でも職場でずっとマスクをしている訳にはいきません。

 

そこで鼻の中に塗るタイプのマスクを購入しました。塗ってしばらくはマスクをしているのと同じ効果がありました。

 

しばらくすると効果がなくなりますが、一日に何回も追加で塗る事が出来るので問題ありません。

 

(メガネ) 花粉メガネ

 

⇒ 花粉メガネ 大人用 の詳細と価格を確認する

 

花粉メガネという水泳のゴーグルのようなメガネがあります。

 

裸眼や普通のメガネよりも花粉メガネを付けた方が目に入る花粉の量を少なくできます。

 

花粉メガネは安いので費用対効果が高いです。

 

花粉症の都市伝説:市販薬だけで乗り切れるか検証した体験談 まとめ

 

これで病院に行けなくても市販薬だけで花粉症シーズンを乗り切れました。

 

 

 

▼オススメ無料教材▼

👉 詳細はこちら!!